プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

苫米地英人博士曰く、子どもに向いている運動、向いてない運動がある。(約1600文字)

 この時期になると、来年からの習い事どうしようかと悩むのはないでしょうか?

どんな習い事をさせたらよいのか?この本をヒントにさぐってみましょう。

 

f:id:bluedaisyday:20180302092202j:plain

 

0?5歳で決まる! 脳の力を無限に引き出す幼児教育

0?5歳で決まる! 脳の力を無限に引き出す幼児教育

 

 

子育て関係の本は、遊びのヒントなどの本も含めて、そうですねー、20冊とか30冊くらい、読んだでしょうか。もっとかなあ。それ以下かなあ。

 

大分処分してしまったので分らないけれど、この本は、ずっと役に立ちそうだと思い、今も本棚にあります。

 

有名人化している有名な教育関係の先生達が書いている内容より、ずっと奥が深いと思います。

 

 

この本によると、

 

子ども向きの運動は、

①水泳、かけっこ

 

理由は、筋肉がかたよりなくバランスよく発達するから。そして、基礎体力がつくから。タイムを目標にすれば、より早く成長のスピードも速まり、より効果的だそうです。

 

ただ!

 

昨日の自分より今日の自分は成長した、とう自分との競争であることが大事。

 

他人との競争は、絶対にさせないことが重要なんだそうです。

 

なぜかというと、

 

「他人と競争して勝つ」ことを優先してしまうと、ひたすら他人に勝つことを求める性格に育ってしまい、よりよい人生を送る妨げになる、と。

 

「なりたい自分になること」が人生の目標ではないですか。

 

「他人に勝つこと」を、人生の目標にするように教育するのではなく、

 

「自分で決めた自分の目標をいかに達成するか」を小さいときから、教育していかなければならないと書いてあります。

 

私には、もともと「競争」という概念がないので(あ、小さいときスキーのアルペンの大会にでてたな、そういえば!あれは競争だったのかな?競争というより、寒い冬との戦いだったような気がする。)、このような文を読むと、競争させたがる人が、実は沢山いるのかしらと思います。

 

 

②サッカー

 

ボールを使った運動のなかでは、これがお勧めだそうです。

 

理由は、両足をつかうので、体のバランスを崩すことなく運動能力をつけることができ、さらに、フィールド内で同時に動くので、IQの訓練にもなるそうです。

 

ただし、ヘディングは、小学生のうちは避けるべき。

 

ヘディングしてボールが飛んだ距離だけ、脳みそが逆方向に飛ぶんですってよ、ひゃ~!

 

で、それを頭蓋骨が受け止めているんですってよ。えーー!

 

そのくらいすごい衝撃があるから、小学生はやっちゃだめー!なんだそうです。

 

逆に、子ども向けではない運動は

 

①野球

体の左右のバランスが崩れてしまうからだそうです。やるなら中学生から、と書いてありました。

確かに、近くの小学校の野球チームは、野球のユニフォームをきて、サッカーの練習をしてましたよ!サーカーの練習で基礎体力をつけているのでしょうかねえ。

 

②ゴルフ、テニス、卓球

 

これも、本来4歳5歳の子どもにやらせるべきではない、と。やるなら中学生から。理由は同じで、体のバランスが崩れるからだそうです。

 

③空手や柔道など武道系

武道の種類によっては、怪我をする、ガニ股になる、身長が伸びなくなる、というリスクがあるので、これも中学、または、高校からにするべき。

 

このほかのアドバイスとして、

 

○幼児はずっと体を動かして遊ぶ必要があるから、サッカーのように、走り回れるスポーツ(うーん。私は思いつかないなあ)がよい。

個人競技よりは、団体競技。他人と自分の関係性(社会性)が作れる。

○子供が興味があること

 

この本には、その他ためになることが沢山かいてあります。私も、この人のこの本で、子育てが、楽しいものになっていますし、子どもにとっても、とても良い効果が、あとからあとから、ジワジワとあちこちの方面ででてきています。(漠然とした言い方ですが)。子どもにまいた種から、色んな素敵な芽が生えてきて、成長しています。

 

ってことで、この本は、売らずに^^;、我が子が結婚したら、子どもに渡すつもり^0^。

 

嫁入り道具のタンスの中などにいれておいて、開けたら出てきた!なんて、おもしろいかもぉ!いやいや、普通に包んで渡しますよ。

 

楽しく節約生活。「水」の巻。その1。せんたくかあちゃんになる。

最近、J WAVEで紹介されていた和田由貴さんって、ご存知ですか?

別所哲也さんのDJが大好き。いつもこれ聞きながら皿洗い。)

 

 

節約アドバイザーで、環境省3R推進マイスターという方です。もしかして有名人?!

 

今まで節約の努力をしてこなかったのですが、ちょっと気になり、スマホで検索。図書館に和田さんの本5冊予約。

 

そして今読んでいるのですが、

 

これなら私でもできそうと思うものがたくさんありました。

 

その1つに、お風呂の残り湯を使うこと。 これはやってる方も多いと思いますし自分も行ってきました。私は、バケツで。そうすると、水があちこちこぼれちゃうし、こぼれないようにすると、なにかと手間がかかるし...。

 

そして、思いついちゃいました。

 

「手洗いじゃ!」(えー? お風呂の残り湯を使って節約という話だったのでは?!)

 

思いついたら即行動。 「せんたくかあちゃんと」いう絵本を思い出しました。泡立ててじゃぶじゃぶじゃぶじゃぶ。気持ち良さそう!

 

早速せんたくかあちゃんしてみました。

 

お風呂の残り湯のあったかいお湯で(旦那は朝風呂)、洗剤あわ立て、じゃぶじゃぶじゃぶじゃぶ。あー、楽しい。意外にハマる!

 

さてその結果...

 

その1。

なんと意外に短時間で洗い終わる。え?私の洗い方雑すぎかしら?7分とかで終わっちゃうぞ!

 

頑固な泥汚れなどはないというのと、

 

汗をぐっちゃりかく時期じゃないというのと、

 

うちは3人分しかないということもあるのでしょうが、それにしても意外にすぐ終わってしまう。

 

しかも、

 

その2。

干している時に いつもより汚れが落ちているような気がします。 そして 衣類達も喜んでいるような気がします~(キラキラ~)。 すっかりせんたくかあちゃん化ですね。

 

ムリムラムダは 長続きしませんから疲れている時は 洗濯機に任せますが

 

極力手洗いで洗濯をしています。(先週からね。いつまで続くかな?)

 

洗濯に使わなかったお風呂の残り湯は何に使うかと言うと

 

ペットボトルに入れておいて次の洗濯機洗い用、非常用、掃除用、さめたら植木用、にします。

 

そうそう。ただジャブジャブ洗濯するよりも 外でやっている雰囲気を出すために

 

スマホで、 ホーホケキョォ~、ケキョケキョケキョ!

 

とか、

 

ちゃらちゃらちゃら~という川の流れの音を出しておいて

 

BGM にして、いかにも 外で洗っている気持ちになってやると、さらに清々しい~。

 

私が、大嫌いな家事を毎日こなしていくには、(どうでもいいような)工夫が大事なんです! 

 

 水道代がどのくらい節約できたか、4月後半にでる結果が楽しみです。

bluedaisyday.hatenadiary.jp

bluedaisyday.hatenadiary.jp

天然なめこは...、デカイ!! 味もしっかりしてるぅ~。天然なめこの味噌汁最高~。

私の父が山から取ってきて冷凍保存しておいたものを、実家で味噌汁にして食べました。

 f:id:bluedaisyday:20180214103031j:plain

大きいものだと、直径、5センチ以上はありますね。ただの味噌汁が、チョー豪華な山の幸汁に変身します。そして、無言で食べ続けます。味の濃さと深みが違います。

 

子どもの頃は、天然とは知らずに食べていました。

 

高校くらいのときは、「天然」がどうかしたー?空腹がみたされれば、なんでもいいんだけど、で、終わってました...。

 

しかし、ふるさとを離れ、見知らぬ住宅街に住み早18年。周りにあるのは、家、マンション、美容院、歯医者、そして、塾。どこにもきのこはえてない。

 

天然なめこって、普通食べれないと分ってきました。貴重かつ旨いものであることも...。

 

そして今は、

 

山からとってきた「天然なめこ」ですってぇ~!!!是非、送ってください!と電話で母に頼みます。

 

思い返せば、小さい頃から、その当時はなんだかよく分らなかったけど、普通あまり食べないものを食べさせられました。

 

まずは、馬刺し...。なぜ馬刺し...?見た目が怖い...。しかし、とりあえず、何でも食べてみる私。ぬめっとしていたが、甘~くておいしかったのを覚えています。

 

そして、マツタケのどびん蒸し。

多分、父が山で見つけた、たった一本のマツタケ

酒の味もしみていて、酒に酔うというよりは、味に酔いしれました。

 

それから、アケビ

アケビの中の白い部分は、クリーミーで甘いんです。スイカを食べるときみたいに、種をペッペと出しながら食べました。

 

そして、アケビの皮に肉や野菜をつめて、しばっていためたアケビ料理。子どものときは苦くて食べれませんでしたが、今はこれも好物。

 

実は、アケビのつるもおいしいんですよ!山菜の王様といわれる、「しおで」って、聞いたことあります?私は、その食感がすきなのですが、あけびのつるも、同じような食感で、私の好物になってしまいました。しかし、少ししかとれないので、実家に帰省したときに食べれたら、ラッキーな食べ物です。

 

あとは、ウサギ汁。

何かの大人の集まりでだされたのですが、かわいそうで、食べれませんでした。だって、ピーターラビットだよぉ!

 

ヤギの乳。

おいしそう...というより、恐ろしいけど、飲んでみようと思って一口。がんばってのもうという気持ちの方が強くて、味はまったく覚えてません^^;。牛乳あればいいや、と思いました。

 

最後にカラスミ

頂き物でした。旨みっていうんですか?ほんのちょっと口に入れただけで、ジュワーっと、その旨みが口のなかと、舌の細胞?にしみ込んでいきました。

 

と、色々なものを、食べました。

 

そのおかげか、舌が肥えました。

 

しかし、実は料理が、どーしても一番家事の中できらい。

 

なので、簡単なものしか作らない。調味料はなるべく控えて、薄味、素材の味。

 

春は、実家から山菜が届きます。待ち遠しいなあ。

【賢くなる子どもの室内遊び・ボードゲーム】小学生から大人まで遊べるボードゲーム「 カルカソンヌ」。正月はこればっかりしてました。

小学生から大人まで、十分楽しめます。

 

1ゲーム(悩んで悩んで時間のかかるメンバーがいるとその分長くなりますが)20分くらいで出来ます。

 

名前は「カルカソンヌ」という、日本人には馴染みのないカタカナの並び順の名前のゲームです。

f:id:bluedaisyday:20180205085340j:plain

 

 簡単に説明しますと、

 

お互いに領土などを獲得していくゲームです。ヨーロッパっぽい?!

 

例えば、

 

道を長くつくってポイントゲット、

 

町を大きくしていってポイントゲット、

 

修道院(まさにヨーロッパ的)のまわりの土地を広げてポイントゲット、などなど。

 

めくったカードによって、臨機応変に自分の都市計画?を変更していくので、かなり頭使います。

 

っていうか、そこがめっちゃめちゃ面白い!!

 

うちは、年末年始、どこにも行かず、親子3人で(子ども10歳)、この「カルカソンヌ」と「カタン」をして殆んど過ごしました。なんて出不精な家族だろうと思いながら...。

 

そして、一番強いのが、10歳の子ども...。私は、負けるたびに悔しがるので、家族から嫌がられました。

 

正月以降、

 

子どもに、「カルカソンヌやろうよ~。」

パパに、「ジョギングばっかりしてないで、たまにはカルカソンヌやろうよ~。」

 

って誘うのですが、

 

誰ものってきてくれません…。

 

年末年始やりすぎて、さすがに飽きたらしいです。ですので、来年の年末年始が待ち遠しくてたまらない私です。

 

そのくらい、やり続けてしまうボードゲームでした。

 

ということで、室内遊びの家の定番を紹介させていただきました!

 

インフルエンザで学校に行けないが、勉強するほどの元気もないし、ゲーム機は目が疲れるし、後何して時間つぶせばいいーー!!といった時に、カルカソンヌ、どうでしょうか。

 

成績のよい子の家庭には、このようなボードゲームがある場合が非常に多いと、読んだことがあります^^。

 

カルカソンヌ (Carcassonne) ボードゲーム

カルカソンヌ (Carcassonne) ボードゲーム

 

 

カルカソンヌに慣れてる方は、こちらを見ると楽しいかもしれません。草原に寝かせて沢山得点できると、すんごい嬉しいですよね!

bluedaisyday.hatenadiary.jp

子どもと楽しく室内遊び② タンポポの種でこうやって遊んでみました。

この遊びは、子どもがちゃんと立てるようになっってから、小学校1,2年くらいまで遊べたと思います。

 

思いつきで、外からとってきたたんぽぽの種を一つだけ

 

ソファーの上から、落としてみたんですよ。

 

そしたら、ゆーっくり、フワフワとタンポポの種が降りるではありませんか!当たり前だけど。

 

外だと、風ですぐどこかに飛んで行ってしまうけど、家の中の無風状態でやると、かなりゆっくり飛んで、様子がよく分かって面白い!

 

フワフワ飛んでるタンポポの種を、子どもが下で待ち構え、キラキラした目でおいかけ、上手に手の中に捕まえる。

 

「ちゅかまえた~」

 

とても楽しそうだったので、

 

お友だちが遊びにきたときも、やってみました。

 

もー、みんな大興奮。すんごい集中力で、タンポポが降りてくるのを、またまた、キラキラした目で、じーっと追いかける。そして、誰かが捕まえる。

 

これは、まあ、上を見て待ち構える、という姿勢をとって疲れる?から、そう何度も何度もリクエストはしてこないですけどね!

 

もし、家のなかに、今タンポポの種があったら(ある人は稀と思いますが)試してみてください♪

子どもと室内遊び① 天気が悪いと出かけるのも大変。どんぐり使って楽しく過ごしましょう。

子どもが幼稚園に入る前って、一日中子どもと一緒で、どうやって過ごそうかと、ネタ切れしませんか?テレビを見る、DVD見て一緒に踊る、絵本を読む...それにも飽きてしまったら...。

 

私は特に、車なし世帯だったので(今でも)移動がとにかく大変で、家で過ごしてた時間が長かったぁ!

 

「必要は、発明の母!」とは、よく言ったものです。いくつか、子どもが大好きだった遊びを、うーん、思い出しながら紹介したいと思います。

 

●どんぐり拾い

 

何でも口にいれちゃう時期が過ぎたらやってくださいね。

去年のどんぐりって、まだおうちの中に残ってません?

 

何かって言うと、下に落ちてるもの拾っちゃいますよね、乳幼児は^^;。

家の中のゴミ発見器みたいな感じで、小さいものでも見逃さない!

 

「お家が公園だよぉ~。」といって、子どもが目をつぶっている間に、どんぐりをあちこちに置きます。最初は5個とか、少ない数で。

 

「おめめ開けていいよぉ。さあ、どんぐり探しに行こう!」

 

というと、本当に公園で見つけたときのように喜んで拾います。どんぐりを入れるカゴも準備しておくと、雰囲気でますよね。

 

5個全部拾ったら、「何個あるかな~?数えてみよう!」といって、一緒にかぞえてもいいですね。知育?!っぽい!

 

「もういったい、しゅるぅ~」(もう一回する)と反応したら、数を1つずつ増やすのも良いですね^^。

 

ついでに、サランラップの芯を、斜めにもって、そこにどんぐりを入れてみましょう!サランラップの芯の先からどんぐりが、くるくる、すっとーん!なんて出てきて、床に転がったら、子ども大興奮! ダダダーっと拾いに行って、

 

「もういったい、しゅるぅ~」と、リクエストすることでしょう。

 

さらにさらに、もしもラップの芯が、なぜか家に沢山あったら、それをつなげて、ながーいどんぐり滑り台にするとよいかも!これは、やったことないけれど、今思いついた^^;。

 

さらに、(今思いついた!)子どもが拾ったどんぐりを入れる専用の空き瓶みたいなものを用意して、サランラップからとびだしてきたどんぐりを拾ったら、それは、「こちらにいれてくださーい。」というと、喜んで空き瓶にコロンといれると思います。

 

これを繰り返していると、「自分は一体何やってんだろー。」って、大人は頭がボーっとしてきたりしますが、子どもは気に入ったら止めない^^;。それも良い思いで...。

 

遊びは、「静かな遊び」と「動く遊び」を、交互にやっていくと、飽きませんよ♪。

 

このどんぐり遊びは、静と動の両方の要素が、はいってると思います。

 

寒い冬の間、あまりお外で遊べなそうなときは、去年のどんぐりを部屋のどこからか探してきて、やってみてください。まあ、どんぐりなければ、茶色の折り紙まるめて、どんぐりに見立てても、子ども納得^^。子どもにはどんぐりにしか見えなくなる!

 

良かったらお子さんと楽しくやってみてくださいねー。

久しぶりに、こんまりさんの「ときめきの片付け」をしました。

それを、捨てるべきか、持っているべきか、3秒で判断できるといいます。

 

ひさびさに、クローゼットの中のものを、すべて出し、引き出し5つ分も、狂ったように、次々とひっくり返してすべて出し、

 

3秒...もかからなかったなあ、1,2秒で、要るものと要らないものに分けました。

 

するとあら不思議。45ℓゴミ袋、二つ分でました...。要らないものが。

 

何がそのゴミ袋の中にギュウギュウ詰まっているかと申しますと...、

 

つまり、私のゴミの話ですな、今日は!失礼!

 

貧乏性の私は、使った折り紙や画用紙の端っこ、かわいい包み紙、紙袋などなどを、とっておく癖があり、いつか、工作で使うだろうと思って溜め込みます。まずは、それを思い切って処分。

 

あとは、いつか着るかもしれない服。捨てたつもりが、まだ残っていました。何年も着ていない、ユニクロの毛の黒いカーディガン。身ごろと袖の境目に穴があいており、そこを縫ってはみたものの、やはり、穴は埋まらず、また別の方法があるであろう、それを思いつくまで、眠っていてもらおう...と、また寝かせていたものです。

 

それも処分!

 

雑巾にしようと溜め込んだ古着。しかし、よく考えると、雑巾にできるような布のものは殆んど無く、木綿以外は、またまた処分。

 

私の出かけするときグッズの引き出しの中には、あるはあるは、小さい小物入れ!こんなにあっても結局つかってない。デザインに飽きたので、これは、そのうち人にあげるかオフハウスに持っていこう。

 

そして小物いれに必ずはいっている、いつのものか分らん飴やガム。そして、ゴミ袋として畳んだスーパーのビニール袋。

 

はいはい、捨てましょう。

 

ついでに、脇にあった本棚にも、ちょこっと手を出してしまいました。

 

子どものプリント類ですね。溜まってます。作文、うまく書けたお習字、冊子になっているもの、発表類以外の、国語・算数などのプリントはすべて処分。あることすら忘れていたし...。もちろん見えないようにして。

 

クローゼット、スッキリしました!引き出しがらがら。

 

私の「ときめきの片付け」は、まだまだ続きます。