プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

天然なめこは...、デカイ!! 味もしっかりしてるぅ~。天然なめこの味噌汁最高~。

私の父が山から取ってきて冷凍保存しておいたものを、実家で味噌汁にして食べました。

 f:id:bluedaisyday:20180214103031j:plain

大きいものだと、直径、5センチ以上はありますね。ただの味噌汁が、チョー豪華な山の幸汁に変身します。そして、無言で食べ続けます。味の濃さと深みが違います。

 

子どもの頃は、天然とは知らずに食べていました。

 

高校くらいのときは、「天然」がどうかしたー?空腹がみたされれば、なんでもいいんだけど、で、終わってました...。

 

しかし、ふるさとを離れ、見知らぬ住宅街に住み早18年。周りにあるのは、家、マンション、美容院、歯医者、そして、塾。どこにもきのこはえてない。

 

天然なめこって、普通食べれないと分ってきました。貴重かつ旨いものであることも...。

 

そして今は、

 

山からとってきた「天然なめこ」ですってぇ~!!!是非、送ってください!と電話で母に頼みます。

 

思い返せば、小さい頃から、その当時はなんだかよく分らなかったけど、普通あまり食べないものを食べさせられました。

 

まずは、馬刺し...。なぜ馬刺し...?見た目が怖い...。しかし、とりあえず、何でも食べてみる私。ぬめっとしていたが、甘~くておいしかったのを覚えています。

 

そして、マツタケのどびん蒸し。

多分、父が山で見つけた、たった一本のマツタケ

酒の味もしみていて、酒に酔うというよりは、味に酔いしれました。

 

それから、アケビ

アケビの中の白い部分は、クリーミーで甘いんです。スイカを食べるときみたいに、種をペッペと出しながら食べました。

 

そして、アケビの皮に肉や野菜をつめて、しばっていためたアケビ料理。子どものときは苦くて食べれませんでしたが、今はこれも好物。

 

実は、アケビのつるもおいしいんですよ!山菜の王様といわれる、「しおで」って、聞いたことあります?私は、その食感がすきなのですが、あけびのつるも、同じような食感で、私の好物になってしまいました。しかし、少ししかとれないので、実家に帰省したときに食べれたら、ラッキーな食べ物です。

 

あとは、ウサギ汁。

何かの大人の集まりでだされたのですが、かわいそうで、食べれませんでした。だって、ピーターラビットだよぉ!

 

ヤギの乳。

おいしそう...というより、恐ろしいけど、飲んでみようと思って一口。がんばってのもうという気持ちの方が強くて、味はまったく覚えてません^^;。牛乳あればいいや、と思いました。

 

最後にカラスミ

頂き物でした。旨みっていうんですか?ほんのちょっと口に入れただけで、ジュワーっと、その旨みが口のなかと、舌の細胞?にしみ込んでいきました。

 

と、色々なものを、食べました。

 

そのおかげか、舌が肥えました。

 

しかし、実は料理が、どーしても一番家事の中できらい。

 

なので、簡単なものしか作らない。調味料はなるべく控えて、薄味、素材の味。

 

春は、実家から山菜が届きます。待ち遠しいなあ。