プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

チャンス・フォー・チルドレン(CFC)。被災地の子ども達に教育機会を!

今から7年前のこの時間、

 

私と3歳の娘は、マンション7階のリビングにいました。

 

揺れが始まり、すぐに娘を、低いテーブルの下に入れ、

 

私は、パソコンと自分の頭だけテーブルの下にいれて、テーブルの下から投げ出されそうなくらいの横揺れだったので、手のひらで床にしがみついていました。

 

揺れが収まった後、すぐにパソコンから「我ら無事」とうち、主人からもすぐ返信がきて、その後通信は途絶えました。

 

 娘は地震をあまり理解していない様子で、怖がることなく、キョトンとしていました。

 

テレビをつけ、その光景に、私の生きている間にこんなことがあろうとは、と絶句。

 

品川に職場のある主人は、帰宅困難者となり、歩いて翌日朝12日の朝5時頃帰宅。

 

仙台に母と住む、主人の弟と数日連絡がとれなかったが、無事を確認。

 

数日後、その弟よりメールが来て「家の中の食べ物は全部食べつくした。買い物にいっても何も売っていない。食べ物を送ってくれ」とうメールがきた。

 

「宅急便は動いてないが、郵便局のバイク便が使える。」ということで

 

郵便局で梱包用封筒を買えるだけ買い、イオンに食料買出しに。

 

しかし、イオンについた時点で、仙台に送れるような食べ物は完売。

 

わずかに残っていた缶詰、さつまいも、おやつで栄養がありそうなもの、などをかき集め、梱包し、毎回10個弱だっただろうか、送れるだけ送ること3回。3回送る間に、食料は確保できる状態になったようでした。

 

さつまいもが一番嬉しかったとのこと。

 

後日、私達が住む地区で、5回計画停電

 

懐中電灯に使う乾電池の予備が自宅にない。

 

近くの店ではどこでも売ってない。

 

関東のどこにも電池売ってない。

 

静岡の友達に聞いたら静岡でも乾電池はどこにも売ってない。

 

そこで、静岡の友達が、広島の親戚に頼んでくれて、やっと乾電池二本が、広島の方から送られてくる。

 

以上、3月11日以降の我が家の動き。

 

***

 

2年前、仙台から転校してきた子のお母さんの言葉。

 

「関東じゃ、地震のことは忘れられてるって肌で感じるなぁ。もう過去のことなんだろうなー、こっちじゃね。でも、うちらの中じゃ、全然終わってないんだよねぇ。感覚が全然違うって、思います。」

 

私も東北出身者だから、彼女もこうつぶやけたのかもしれません。

 

何かしなくっちゃと思いつつ、時はあっという間にたってしまうもの...。

 

そこで、チャンス・フォー・チルドレン(CFC)で、サポート会員になりました。ここなら安心して寄付ができそう。

 

教育格差はどこで生まれるかというと、塾とか、習い事とか、そういうことにお金をかけられるかどうか、なんだそうです。

 

極端に言うと、東大に入学できるのは高い塾代を払える金持ちが多いってこと。

 

震災で両親を亡くした、または、1人親になった子どもは、1,778人。

 

CFCでは、この子たちの、学校外教育費用として、寄付を使ってもらえるのです。

 

代表者・理事の方は、お2人とも阪神淡路大震災中越地震を経験していて、学生時代からNPO活動をしてらっしゃる。

 

復興特別税をとっておいて、

 

国会議事堂のステンドグラス代、金融庁職員の基本給、霞ヶ関の庁舎の改修費など、その他諸々に流用する詐欺集団は信用できないので、

 

善意の塊の2人の青年が始めた組織、チャンス・フォー・チルドレン(CFC)に託したいと思います。

 

せんたくかあちゃん、月1000円がんばるだよ!