プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

公園で転んで、顔をすりむいて、洗っても砂が取れなかったら、行く病院はどこ?!

春休み初日、やってしまいました。お友達と公園で遊んでいて、最後の最後に、転んでしまいました。

 

そんなにガーン!というような、激しい転び方ではなかったのですが、

 

ずりずり~っと顔を地面にこすってしまった!

 

見ると、顔が擦り傷だらけ。洗っても洗っても砂がとれない。どうしよう!

 

皮膚科に電話しました。午後5:30に。でもそこの病院は受付終了5:30!

 

受付の人は「明日、こちらにいらっしゃったら、見ますけど、でも、それよりも、手術とかの処置ができる施設のある病院にいってください。」とのこと。

 

最初から、具体的にどこの病院に行ったほうがいいって、教えてくれたらいいのにな~。

 

次の日、総合病院の皮膚科へ。

 

皮膚科で待っていましたが、看護師さんが、娘の顔の傷をみてから、先生に相談し、また看護師さんがもどってきて

 

「形成外科のほうにまわしますので、処置室にきてください。」と。

 

ベッドに寝て、外科医の先生に診てもらいました。

 

「顔なんで、やっぱり、砂を取り除いておいたほうが良いでしょう。」ということで、

 

以下、処置の内容です。

 

1.顔に、塗り薬のような麻酔薬を塗り、麻酔をしました。

2.がしゃがしゃと、新しい袋を取り出したるは!新しい歯ブラシ!

(ここで、「あ、お母さん、よろしければ待合室で待たれます?」といわれ、私は退場。)

3.(娘によると)「歯ブラシで、ごしごし顔の傷(4箇所)から砂をとってた。そのあと、ガーゼで強くふきとってて、それだけは、痛かった。」

 

4.抗生物質を塗った絆創膏?をテープでとめて終了。あまりに痛々しかったので、マスクをする。

 

この2日後、再び形成外科を受診して、傷の様子をみてもらい、

 

今度は、別な先生に診てもらい、別な種類の貼り薬を貼ってもらい、その残りをいただいて、自宅での交換に使いました。(この残った薬って、患者さんにあげていいの~?って、先生が看護師さんに聞いてた^^;)

 

残りの貼り薬、もらえてよかった。

 

というのは、今回受診して分ったのですが、皮膚関係のくすりは、塗り薬以外は、処方されないらしいのです!

 

処方箋をもっていった薬局で、専用のガーゼを一袋、テープ、傷パワーパットなどで、2500円ほど、合計でかかりました。

 

その後、傷後もかなり薄くなり、これから時間をかけて、傷跡がなくなることを祈るばかりです。

 

動き回る年代だから、傷・怪我は絶えませんね…^^;。女の子だと、特に顔だと、怪我はかなりしんどいです~。