プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

新一年生のお子さんは、登校班で元気に学校に行けていますか??

皆様こんにちは。

 

小学校の新一年生さんたちは、2ヶ月学校がんばりましたね!

 

以前、登校班について書きましたが(↓)、

bluedaisyday.hatenadiary.jp

 

その後皆様の新一年生のお子さま達は、登校班には慣れたでしょうか? 

 

小学校によっては、そろそろ、教科書も入れるようになり、ランドセルも重くなってきますね。

 

ところで、登校班の集合時間って、最初から、決められていませんか?

 

それとも、自分達で決めてよいとなっていますか?

 

我が子の学校では、登校班の親で話し合って決めるのではなく、PTAの組織から、「この時間!」と言い渡されます。

 

その時間が、

 

なぜか、他の登校班より、出発時間が遅く設定されていたんです。

 

「昔からそう決められているみたいよ。」ということで、代々の「世話役」のお母さんたちは、それに従っていました。

 

しかし、この遅い出発時間に加え、ちょっと遅れてしまうお子さんがいる日なんて、

(班長さんは、遅れた子は置いていくようにと「世話役」さんが決めても、なかなかそうはできないようですね^^。)

 

さらにさらに出発時間が遅れます。

 

すでに他の登校班の子達は、学校に到着し、グランドで遊んでいます。

 

 さらに、

 

新一年生の場合、授業開始の前に、外にある朝顔に水をやりに行くことになっていたり、色々準備に時間がかかるので、到着が他のクラスメートより遅れると、

 

教科書などの授業の準備も終わらず、授業スタートから、1人だけバタバタで、

 

ちょっとかわいそうかもしれないですね。

 

 

ですので、新しい「世話役」さんが、PTAの登校班を統括している部署に連絡し、事情を話して、集合・出発時間を、5分早めてくれました!

 

良かった~。

 

これで、少しだけ余裕ができたので、

 

新一年生がずっと学校まで走らされたり、

 

授業開始に遅れる心配もほぼなくなりました。

 

朝の5分の違いは大事!とは、

 

小学生の登校班の出発時間にも言えますね!

 

PTAと連絡をとって、時間変更してくれた「世話役」さん、ありがとうございました!