プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

小学生が、ひらがな・カタカナが「なぞらずにうまくなる」画期的ひらがな・カタカナ練習帳見つけたんです!

皆様こんにちは。お子さんの「字」で悩んでいませんか?

 学校では、ひらがなの書き順は勉強しますが、

 字が汚くても特に丁寧な指導はなく、放っておかれます。

 我が子の文字のことで、先生に相談しても、

 今までに、アドバイスをもらったことはありませんし、特に、特別に指導してもらうこともありませんでした。

  硬筆教室もないし、K文はイヤというし、

 半分あきらめていましたが…

 立ち読みで見つけたこちらの本↓で、一気に解決。

 

今までの「字の練習」とは、ハッキリいって、練習法が全然違います!!

なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳

なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳

 

 著者の1人、筑波大学付属小の桂聖先生が書いていらっしゃいます。

「なぞり書き」はあまり効果がない、

子どもはなぞり書きが嫌い、

はみ出すと注意されるし、

頭を使わない単純作業、なんだそうです。

 

それだよ、それ!!!よく言ってくれました!!と心の中で叫びました。

全くその通り!うちの子、コレ(↑)全部当てはまりますもん!とにかくひらがなのなぞりがき練習が大嫌いで、宿題も嫌がるし、もう1、2年生のときは大変でした…。

 

特に自分で考えて絵をかいたり、工作をするのが大好き。単純な字の練習は、苦痛のきわみ…。でも、子どもって、みんなそうじゃないかしら?!

 

そんな子どもの脳みそにぴったり来たのが、このような解説です(↓)

f:id:bluedaisyday:20180616100848j:plain

 

人が、すべって降りてきます!

しゅーっ!

そして、

 f:id:bluedaisyday:20180616100953j:plain

さんかく山を登ります!

ひょいっ!

次は、

 f:id:bluedaisyday:20180616101611j:plain

ゆっくりしゅーっ!と、人が降りてくるではないですか!!

 

すごくないですか?!

まさに、子どもが大好きな「ごっこ遊び」の延長?!

 

 この練習帳を使うようになってからは、

今まで苦痛をガマンしながらの練習が、楽しい練習に180度変わったのです。

 

もし、お子さんの文字練習にご苦労していたら、騙されたと思って、この本による練習法を試してみてください。

勉強は、ガマンしながらするものではありません。

できるだけ、「楽しいこと」と結びつけ、勉強が好きになるように、導きたいですね!

 

ちなみに、家族親戚から、私の字がきれいになったと言われます。

この練習帳のおかげです^0^;。