プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

子どもの鼻づまり、放っておいたら大変なことに!鼻炎を軽視してはいけない!症状その①

皆様こんにちは。

 

子どもの鼻づまり、くしゃみ、鼻水。

 

高熱もでないし、痛がらないし、外傷もない。

 

だから、親もついつい見落としがち…。

 

そして、私も、軽視していた。そしてとうとう、うちの子、大変なことになりました!

 

鼻づまりは万病の元!そう思い知った、今年6月の体験談です。

 

うちの子どもは、ハウスダストと杉花粉アレルギーです。

 

強度5のうち、3と2なので、そんな強烈に症状がでるタイプではありませんが、

 

通年、耳鼻科に通っています。

 

でも、なかなか症状がおさまらず、今年は、その鼻炎による鼻水・鼻づまりで、大変な思いをしました。

 

(看病、通院から解放されて一週間です。ブログも久しぶりの更新。書くのに滅茶苦茶時間かかります…。読みづらかったらごめんなさい!)

 

症状その1

 

鼻炎で鼻がつまっていると、

 

「睡眠」が阻害されます!

 

いくら早く寝ても、沢山寝ても、良質な睡眠が得られません。

 

そのために、免疫力が下がります

 

これが、うちの子供が、鼻炎が悪化する時期に、

 

色々な病気にかかってしまう原因でした!

 

子どもの体調不良が続いたある日、私は、寝息を観察しました。

 

子どもの鼻に、ぐぐーんと顔を近づけ、寝息をききました。

 

鼻が完全につまってはいないけれど、いかにも空気の通り道が細くて、一生懸命息を鼻から吸っているような音がしました。

 

しかも…!

 

おーい、途中で息止まってないかー。

 

これはヤバイと思って、仰向けの状態だったので、横向けにしました。そうすると痰が動いたのか、ごくんと痰を飲み込んで、それからまた呼吸をし始めました。

 

そうだったのかぁぁぁあ!

 

要するに、鼻づまりで、寝れてない!

 

これじゃあ、免疫力が下がって病気沢山もらうのも当然!

 

毎朝、疲れがとれず、だるいのも当然!

 

もっと早く気づいてあげれば良かった!!!(T0T)

 

さっそく、かかりつけのM先生に報告。

 

鼻づまりにきく漢方を処方してもらったら(↓)、

 

 f:id:bluedaisyday:20180702140841j:plain

 うそのように、寝息が静かになりました。

 

 通販では、クラシエの漢方が売ってあります。

 

 

しかも、漢方って、2週間くらい飲まないと効かないとききますが、

 

なんだか、すぐに効果が現れ、寝息が苦しそうではなく、へんな音もなく、すやすやと透明な寝息

 

(こ、これで、悪夢の6月から解放される…)

 

それ以来、朝起きた後の、疲れ、だるさも見られず、スッキリおきることが出来、毎日元気に学校に行っています。

 

漢方に感謝!

 

(ちなみに耳鼻科から出てる薬は、アレルギー症状をおさえるが、鼻詰まりにはきかないそうです。)

 

次回、症状2について書きます。