プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

夏バテには「 清暑益気湯」という漢方薬を処方されました。

皆様こんにちは。

 

昨日の夕焼けはきれいでした。左上に三日月が見えました。

f:id:bluedaisyday:20180718121928j:plain

 

先日夏バテと診断されて処方された漢方薬は、 「清暑益気湯」(セイショエッキトウ)です。

 
夏バテは生まれて初めてです(ショック)。
 
夏バテというのは夏暑くてちょっと疲れちゃうぐらいの認識でしたが
 
実際になってみると 日常生活が難しいです。
 
頭痛が時々襲ってくる
体に力が入らなくて 立ち上がれない 
立ちくらみがする
 
という症状が現れます 。
 
そこに私は胃腸の調子も悪かったのでさらに食べることが大変になりました。
 
夏バテ状態になると 家事なんて出来る状態ではないので
 
連休中は、夫にコンビニから食料を買ってきてもらいました。(予定を入れていなくて良かった!!)
 
最後の力を振り絞って、かかりつけの病院を受診したところ
 
この「清暑益気湯」という漢方薬を処方されました 。
 
M先生からは 、
 
 「べろを出して見せてください。あー、水分不足ですね。」と言われて、べろを見るだけで身体の状態が分るなんてすごいなぁと、ぼぅーっとした頭で聞いていました。
 
「おしっこの色が濃くなったら水分不足のサインですから 、必ずおしっこの色は毎回チェックした方してください。」と言われました。
 
「水は口の中で温めてから飲み込むというのを、 こまめに行うようにしてください。」とも言われました。
 
 
処方されたお薬を昨日から4回、飲んだ現在は、
 
このようにブログを書いたり ルーティンの家事はできるまで回復しました。
 
夏バテは本当に身体が動かず、何もできなくなります。
 
皆様も水分補給 を上手にして、お元気でお過ごしください。