プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【本】「税金洗脳が解ければあなたは必ず成功する」 苫米地英人著 税金、びっくりするような使われ方です。

★税金が一番高い国って、スウェーデンとかノルウェーなどの北欧の国で、 日本なんてまだ低い方だ と思っていませんか?

 

ところがどっこい、2011年の世界経済フォーラムレポートによると、実効税率が高い国ランキングで、 日本は税負担が高い方から数えて32番目だそうです。ノルウェーは82番目。フィンランドは73番目。あら?日本のほうが高いですね。

 

ちなみに、さらに日本より実効税率が高い31の国は、コスタリカプエルトリコ、それから タジキスタンキルギスタンなど中央アジア独裁政権がほとんどなんですって。

 

おい!ここは、21世紀の日本、オリンピックも待ってる日本じゃないのかな??

 

日本ってまだ税金少ない方なのよ、なんていう広告宣伝に騙されないようにしましょう!

 

★復興増税について

 

東日本大震災の被災地復興のために使われていると思いますよね?

いえいえ。転用されていました!

 

国会議事堂のステンドグラス買い換えたんですって。復興税で。

 

とか、中央省庁の耐震工事を行ったんですって。復興税で。

 

はぁぁぁ?! 人としてありえなくないですか?

 

★税金の使い道

 

歳出の部によくある「社会保障関連」 という言葉に騙されてはいけませんよ。

社会保障関連」= 殆どが、そこで働いている公務員たちの基本給とその運営費です。 国民のための保障費じゃぁありませんから。

「○✕関連」と書いてあったら、その公務員と運営費だそうです。

 

★物騒な話。

 

今から10年位前、某N財務大臣が、外国で、酔っ払って記者会見に臨んだシーンをテレビで見た方も多いのではないでしょうか?

あれはショッキングでしたよね…。

そして、その後、自宅で自殺したと報道されましたよね。

 

いえいえ。 そこで騙されちゃいけません。殺されたらしいです。 (著者はそう言ってはいないけど、要するに、そういうこと なんですよね。)

 

N大臣は国のある「秘密」にメスを入れようとしていたんですね。

 

N大臣のお父さんもそう。お父さんも 国会議員在職中に不審死。親子二代で、あの「秘密」を調査してた?

 

その他、国のこの「秘密」を調査し始めた国会議員は次々に消されているらしいです。

 

ここ安全・安心のジャペァーン!で、そんなことがぁ?21世紀でぇ?

 

あるんですね(ーー)。

そうしてまで、一部の人間達が守りたい「秘密」。

そ・れ・は、やっぱり、

 

特別会計

 

一般会計の4倍ぐらいのお金がじゃ~ぶじゃぶ

一般会計は国会で使い方を決める。でも、この特別会計は、国会で承認とか、そんなの関係なし、お構いなし。

 

外側からは見えないようにして、一部の財務官僚などが、勝手に使っちゃう^^;。

利息や運用益があっても、知らないうちに、使っちゃえ!

 

国会議員が個人でこの特別会計の調査をし始めると、必ず殺されてしまうので、著者の提案としては、大人数で一気に調査を始める。そうすると、そんなにたくさんの人を一度に殺せないから死人はでないであろうし、調査も進むであろうと。

 

特別会計や、国民から吸い上げた税金に群がる官僚たちなどを、えさを貪る「サル」と筆者はいっています。

 

サルと同じレベルで戦うのではなく、

 

国の政策に騙されないように、賢く生きたいものですなぁ。