プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【こどもの通信教育】学級崩壊にもそなえる意味でも、通信教育はやっていたほうがいいのではと思います。

あれは、4年の二学期のことでした。

 

子どもが、2学期末ころ、毎日のように、ちょっとしか使っていないような、理科の実験用具を、次々と家に持ち帰っていました。

 

はて?なぜ今頃になって、こんなに一度に理科の実験用具を持ち帰るのかと疑問に思い、学校に詳しそうなお母さんに聞いてみました。

 

聞いてびっくり!!! 

 

実は、クラスにあばれる児童や、授業妨害をする児童が数人いて、授業があまりすすんでいないとこのこと。

 

特に理科の授業が進んでいなかったらしい。しかし、カリキュラムにしたがって、理科の実験道具は次々と配られる。しかし、授業が成り立たない

 

それで、2学期の終わりも終わりになってすごい急ぎ足で今まで使えなかった、たまった理科実験用具を、ちょっとだけ使っては、次々と持ち帰らせていたのよ、ということでした。

 

こういうことがあっても、わざわざ担任の先生は説明しません。

 

そのお母さんは、なぜ詳しいかというと、お子さんがいじめられていて、暴力も振るわれたことがあるので、よく学校の様子を見に行っていました。それで授業の様子などをみて、びっくりして、監視?を続けていたそうです。お子さんも、他の児童から暴力を受けたりするので、学校に行きたがらず、登校班に入らず、送り迎えをしていたので、さらに学校の現実を見ることになったのだそうです。

 

それから、子どもに学校の様子を聞くようになりました。

 

そしたら、でてくる、でてくる。スゴイ話が…。詳しくは省きますが、これでは、授業に期待はできないと確信しました。

 

 

ご自分が小学生だったころより、指導が難しいお子さんの割合が、多いと感じている方もいるのではないでしょうか?

 

担任の先生も、その指導に時間とエネルギーを吸い取られて、よい授業の準備どころではありません。

 

ですから、当然、子どもたちが受ける授業の質が良いとはいえないかもしれません。。

 

残念ですが、4年生のときの学校は、そういう場所になってしまっていました。

 

でも、そんな監獄のような学校から帰宅してから、また学校の復習をしに、塾やK文に行くのは、子どもにとって良いことかどうかは、はなはだ疑問に思います。

 

そこでも、じっと座っていなくてはいけません。しゃべらずに、勉強しなければいけません。

 

 

自分の好きなことが自由に出来る時間が、子どもには必要ではないでしょうか…?

 

 

我が家では、ベネッセの通信講座をずっと続けています。

 

今は小学講座で予習をしてから授業を聞くので、授業や勉強でつまづいたことはありません。(漢字は、書くのが面倒くさっ、といって、あまり、というかほとんど練習しませんが^^;...)

 

タブレット学習自分のペースでサクサク進むので、短時間で勉強もおわります。


解説も親切丁寧。


(逆に、なんで、これくらいの内容を、学校では、一時間もかけてゆっくり授業する必要があるのか、分からない。授業がつまらない、と言うようにもなりましたが…。)

 

おかげで、学校の授業が実質崩壊していて、授業が進んでいなかったときも、


風邪がながびいて長く休んだときも、


基本の部分は、しっかり学習・理解することができました。

 

しかも、おまけのアプリも、内容が充実しています。


先日は、プログラミングのアプリでプログラミングをして遊んでいました。

 

これで、年間6万かからないって、すごいと思います。コスパがすごい。

 

学年があがるにつれ、チャレンジ小学講座をやめるお子さんが出始めますが、本当にもったいない。

 

おもちゃや付録がじゃま!というのもありますが、うちの場合はですが、付録が、先生からも時々驚かれるくらい理科ができるようになった一因でもあるかと思います。

 

塾や塾講師は玉石混交。でも、通信なら、内容にはずれはないです。

 

ちなみに、ご近所のお子さんは6年生のたった一年間で塾代70万だそうです。一度入ると、次々と別売りの短期講習も受けなくてはいけないかのように洗脳され、そのような値段になったそうです。

 

しかも、塾に通いだしたら、睡眠時間は少なくなる好きなことをする時間はなくなる、で、性格が豹変して荒れてきたから、塾はやめたそうです。


(こちらもお読みください↓^0^)

bluedaisyday.hatenadiary.jp

 

勉強は通信でちょこっとやるだけにして、 放課後は、自分の好きなことをする時間に、してあげたい。そうやって、個性、想像力、創造力、コミュニケーション力、を育てる時間にしたい

 

まだ、体験などしていらっしゃらなかったら、詳細はこちらからどうぞ(↓)。

子どもを引き付ける仕掛け満載です!お子さんたちの将来が豊かでありますように。