プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【算数・単位量あたりの大きさ】アーモンドとくるみでどちらが脂肪分が多いか、を計算する必要がありました。

今年も皆様にとって、良い年でありますように…。

 

さて、

 

子どもがハムスターのハムちゃんに、くるみとアーモンドと どちらか脂肪分の多い方を、冬のおやつにしてあげようと 思いつきました。

 

100グラム中どのくらい脂肪部分が入っているかを確認するため、パッケージの後ろを見たところ、

 

くるみの場合は、61グラム中、脂肪分は44,4グラム。

 

アーモンドの場合は100グラム中、脂肪分は56,2グラム。

 

むむむ!両方100グラムだったら、すぐ分かるのに!

 

さてさて くるみとアーモンドどちらが脂肪分が多いか

 

どうやって計算すればよいか、私、焦りました!!

 

この問題を、自分のために、わかりやすくするために、

 

箱とビーズで考えました。

 

例えば、箱が3つあって、ビーズがが99個あるとすると、

 

一つの箱の中に、同じ数ずつビースを入れたい時は、どういうふうに計算するかなあ。

 

それは、箱が3つだからぁ、ピースの数を3つに分ければいいので

 

99÷3=33個ずつとなり、

 

ひとつの箱に入るベースは33個となるねー。

 

えーっと、だから、

 

人口密度の問題もこれと同じで、1平方キロメートルという箱の中に、人間を何人入れられるか、と考えるから…

 

人間を箱の数で割ればいいわけだ!

 

なるほど。

 

そうすると、アーモンドとくるみの場合は、1グラムっていう箱の中に、どのくらい脂肪分がはいってるかを、計算でだせばいいから、

 

くるみの場合は、61グラム中、脂肪分は44,4グラムってことは、

 

くるみでできた61個の箱の中に、44,4グラムの脂肪分を分けて、ホイホイと61個の箱の中に入れちゃえばいいから、

 

44,4グラム÷61グラム=0,727.....

 

アーモンドの場合は100グラム中、脂肪分は56,2グラムだから、

 

56,2グラム÷100グラム=0.562グラム

 

だから、くるみのほうが脂肪分が多いから、

 

ハムちゃんの冬のナッツ系おやつは、くるみと決定いたしましたぁ!

 

小学5年生で、このような勉強をするわけなんですね!

 

めでたし、めでたし。


2019年も、めでたし、めでたし、で終わるといいと思います。