プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【小学生・割り算】割り算が分からない子への、説明の仕方、こんなのはどう?

私は算数の先生ではないし、子どもの算数の教科書なんても、読まないけれど、

 

割り算の場合、

 

割る、という言葉が曲者ではないかと、思いました。

 

だって、「割る」って、こういうイメージありませんか?

 

割る=パッコーン!スイカ割り。棒で1回たたくとスイカが真っ二つに!

 

割る=丸いケーキに1回包丁入れる!と、丸いケーキが半分に!

 

割る=まあるいりんご、素手でおりゃー!と1回割る。ホラ、半分になる。

 

割る=ももたろうが入っていた桃。(勝手に)1回割れて、ホラ、2つになった。

 

子どもって、こうやって映像で色々想像しながら、考えちゃったりするのではないかしら~。

 

だから、

 

3を1回パコーンと割ったら…、

 

1.5になるんじゃないの?!

 

なのに、

 

なんで、3÷1は、

 

1回、ぱこーんと割ったんでしょ?

 

3を半分こにしたら、1、5じゃないの?

 

 

 

というように、

 

÷1だと、1回割ってるから、2つに分かれる、と思ってしまう子は、いるんじゃないかしら。

 

確か、私も子どもの頃、そうだった記憶が…。

 

 

そういう子には、

 

3÷1が分からないとき。

 

÷1の意味はね、

 

1つの入れ物にいれてみよう!という意味なんだよ、というと、

 

分かりやすいんじゃないかしら。

 

りんご3つを、1つの袋にいれて、袋の中を覗くと何個あるかな?

 

そう、3つだね!

 

3÷1は、3つのものを、1つの袋に入れる、

6÷2は、6つのものを、2つの袋に入れる、

 

チラっと見てご覧よ、袋の中。ホラ!〇個ずつ、入ってる!

 

そいういうこと!

 

 

割るっていうのは、袋に分けて入れるってことなんだよ、と言ってあげるといいのではないかしら。

 

だから、

 

割り算をみたら、これ、「割り算」って名前だけど、間違ってつけられた名前でね、

 

実は、本当は「〇つの袋にいれたら、一袋にいくつはいってる?算」なんだよ、

 

って、教えてあげたら、楽しくなるんじゃないかしら?!

 

 

 うんこ算数ドリルの、割り算もあったらいいなぁ。

 

こっちは、1年生用。

(こちらからご購入いただけます↓。)

日本一楽しい算数ドリル うんこ算数ドリル 小学1年生 文章題 (うんこドリルシリーズ)
 

 

 

こっちは、2年生用。

(こちらからご購入いただけます↓。)