プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【小学生おすすめ図書・中学年】「野口英世」 文:浜野卓也 ものしりガイドつき ポプラ社出版

小学校中級向け。最初に読む本としてよいのではないでしょうか。

行間広く、フリガナつきです(まあ、私にぴったり。)

 

業績を詳細に紹介しているというよりは、野口英世の生い立ち、性格、気質、おおまかな一生の流れ、がよーく分かります。

 

後ろのページには、ものしりガイドがついています。

 

野口英世のお母さんの手紙をみて、感動しました。学校に行ってないので、自分で大人になってからひらがなを勉強して書いた手紙。初めて見ました。

 

高学年には、ちょっと簡単すぎるかもしれません。

小5の娘は、15分くらいで読めたとか言っていますが…。ホント~??

 

野口英世―子どもの伝記〈1〉 (ポプラポケット文庫)

野口英世―子どもの伝記〈1〉 (ポプラポケット文庫)

 

 

なになに~?この本によると、

千円札に印刷されている偉大な野口英世さんは、

 

そうとう、金遣いの荒い人、

お金を得ると湯水のように使ってしまう人、

という別な面が何度も出てきて、

人間臭さバッチリの面を隠すことなく書いてあり、

 とても親しみを覚えます…。

 

 

野口英世のお母様のお名前は、「シカ」。

このお母さんが、まだ乳飲み子だった野口英世(当時の名は清作)を一人にして、畑仕事にでていた間に、英世が囲炉裏に落ちて大やけどをしていなかったら、

 

野口英世は、父親と同じようなただの飲んだくれになってたのかしら、なんていうことも想像してしまいました。

 

そう。お父様は、ただの飲んだくれ。

シカは、ほとんど寝ずに働いたのに、

夫は飲んだくれ。

当時は、離婚という選択肢もなかったんですね。

 

このシカさんがすごい。

 

1868年、若松城を攻め落とした官軍は、翁島村(野口英世の生まれ故郷)も焼き払おうとやってきましたが、

一人の少女が、官軍の陣地にやってきて、「どうかつみのないふつうの人の家をやかないで。」と必死に願い出たといわれています。

その少女のおかげで、村は七戸を焼いただけですんだということです。

その少女が、シカさんだったんですって!

 

なのに、

 

その夫は、飲んだくれ。(しつこい?)

もう、その時点で、ひどい話だな~と悲しくなりました。

 

英世に大変なやけどをさせてしまってから、シカは英世に尽くします。

 

英世も勉強を頑張り、どんどん頭角を現していきました。

 

勉強がとてもよく出来たことに加え、勉強以外のことでも気転が利いたようです。

 

自分より位地の高い人にも、仕事のことなどで、普通思いつかないことを思いつき、

「こうやってみたら?」とアドバイス

言われたほうは、そんなできるわけないでしょ!?といいつつ、英世の言うとおりにしてみたらうまくいった!なんてことも、よくあったそうです。

 

堅苦しくなく、楽しみながら読めて、きれいごとだけではないところが、気に入りました。

 ( こちらからご購入いただけます↓)

野口英世―子どもの伝記〈1〉 (ポプラポケット文庫)

野口英世―子どもの伝記〈1〉 (ポプラポケット文庫)

 

 図書館にも、あるといいですね!