プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【登校班】新一年生にとって、最初の難関は、登校班による集団登校かもしれない。

最初のお子さんが小学生に入学する方々は、 小学校ご入学につき、期待と不安で一杯だと思います。

 

最初のハードルが、意外にも、登校班かもしれません。

 

これが意外と曲者!

 

私のブログで常にアクセストップの記事が、こちら(↓)であることからも、登校班で何かしら苦労している方がいらっしゃるのだろうと思います。

 bluedaisyday.hatenadiary.jp

 

みんなランドセルで、 登校班で、集団登校というのは、世界で日本だけだと思います。珍しいらしいです。

 

最初のスタートである「登校班で集団登校」、新一年生がうまく小学校に慣れていくために、以下のことをおすすめします。

 

①集合時間を守る。

あたりまえのことですが、②に関連してきます。

 

②遅刻者を待つか、置いていくか、確認しておく。

 集合時間に来ない遅刻者を、待つか、おいていくか、それは班によるようです。

 あらかじめ、登校班の係りのお母さんに聞いておきましょう。

 

遅刻者を待つ班はどうなるか。

うちの子どもの班は、遅刻者をひたすら待つ、という伝統があるらしく、どの班長も、遅刻者をずっと待っていました。

班員は、毎朝学校に遅刻スレスレになるというストレスを、一年間、負わされていました。

世話役のお母さんに言っても、とくに注意するなどのアクション起こさず、遅刻者本人も、どうしても遅刻が治せない。

遅刻者がやっと現れる時間に出発し、新一年生の足で歩くと、完全遅刻。おまけに、歩き方が遅いと、新一年生の娘は、どなられ、走らされ…。

私はもう、割り切って個別登校にしてました。

 

 

逆に、遅刻者を待たない班はどうするか。

新一年生であっても、遅刻したら、待たずに、平気で置き去りにしていく班もありますよ^0^;。とぼとぼと新一年生、一人で歩いてたりしてますから。

 

いずれにせよ、

 

要確認です。

 

③新一年生の場合、見守り登校、個別登校もあり!

 新一年生は、それまで、ママと一緒に自転車登園だったりバス登園。

近所の子たちと違う園に通っているというお子さんも珍しくないですね。

新一年生にとって、登校班は結構ハードルが高いと思います。

 

登校途中で、泣き出して途中で止まる、歩くのが遅すぎて、学校に着くのが遅れる、という可能性があります。実際、近所でも、途中で歩かなくなるお子さんがいました。

 

登校班世話役のお母さんが、その子のお母さんに、見守り登校を依頼しても、なぜかやらない。

 

そのお母さんの評判は、近所のお母さん達の間で、たちまち悪くなってしまいました〜。

 

同じ登校班の6年生は、学校に連れていくのにかなり苦労したそうです。

 

地域によっては、新一年生の親が見まり登校をする学校もあるようです。

 

もし、そういう決まりがなくても、お子さんが、登校中に、泣き出して止まるような場合は、(そのような場合、登校班のお世話係りの役員からも同伴の依頼が来ると思いますが)

 

当然ですが、お家の方が、最初のうちは登校班と一緒についていくことをおすすめします。

 

そうしないと、その登校班全員が学校に遅刻する可能性もあります。

 

それに、

 

 

基本、登校班については、PTAが主に運営しています。

 

学校側は、時間まで学校に子どもが来てくれればよいのです。

 

どのようにして学校に行くかは、基本的には個人の自由と思います。

 

近くの小学校で、登校班がなく個別登校の公立小学校もあります。

 

④集合時間に、余裕があるか、確認する

なぜか、同じ近所なのに、集合・出発時間が異なっていたりしませんか?

 

集合時間に余裕がある班は、遅刻者をまつ余裕がありますが、

 

集合時間が遅く設定されている班は、遅刻者を待つと、班全員が遅刻となってしまう可能性もあります。

 

以上、

登校班については、

①遅刻しない

②遅刻者の扱い確認

③必要なら見守り登校か、個別登校

④ 集合時間の確認

でした。

 

 

小学校入学に関連することですが、

 

お子さんが小学校入学するということは、

 

親がPTA会員になり(ほとんど自動的に^^;)、

 

 さらには、自治会管轄の子ども会の役員も回ってきます。

 

その2つの活動で、ご近所のお母さんたちとの共同作業は避けられません。

 

ですから、

 

登校班とのかかわり方から、まわりのお母さん達は、新一年生のママを観察・分析しはじめます。

 

最初に悪い印象を持たれないようにすると良いと思います。

 

最後に。

 

 団体行動、個より集団、連帯責任、などををたたきこまれていく日本の公立の小学校。

 

登校ぐらい、個別でさせてよ!と私は個人的に思っています。

 

PTA関連の記事はこちらです(↓)。

bluedaisyday.hatenadiary.jp

bluedaisyday.hatenadiary.jp