プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【小学生・歴史の学習】「日本史たのしく学ぶ法」文:板倉聖宣 歴史が苦手な私が、小学5年生のときにこれを読んでいたらよかった。

小中学生だった私に、誰かが

「歴史は、歴史家の数だけあるのです。」と教えてくれたら

もしかしたら、興味をもって、勉強したかもしれません。

 

 

小さい頃から、歴史大嫌い。

授業もめちゃめちゃつまらない、っていうか、

聞いてなかったけど。

 

小さい頃はこう思っていました。

 

「歴史ってかったるいな、だって、教科書とか書いてる人は、昔のことは、実際に見てないでしょ、なにも。

 

タイムマシーンで戦国時代にいき、

織田信長のとなりに透明人間になって、

会話を、なになに?と聞き耳をたてて、

 

ホンネ、

 

聞いてないでしょ?

 

結局、推測じゃん、すべてがさぁ。

証拠ないじゃん。

 

で、

これから、色々また発見されたら、

歴史解釈はまた変わるでしょ?

 

後で変わるんだったら、

私、今は勉強しない。

変わってから、勉強する。」

 

そして、

 

「ずっと歴史解釈は変わり続けるよな~?

だから、確定するまで、ずっと歴史は、勉強しない。覚えない。」

という勉強しないスバラシイ言い訳を見つけてしまったのです。

 

 

授業中や、教科書を読んでいるときの私の頭のなかは、

こんな風でした。

 

 

頼朝は、1192年に、いい国作っただろうけど、

なんで、1192年?

どこのどういう資料に、どう書いてあった?

資料がボロボロで、読み違えてない?

1192年っていう年も、後で変わるんじゃない?

 

それに、本当に、いたんかい?

源頼朝って。

人違いではない?

それとか、源頼朝って、何人かで順番にやってたのかもよ!

 

源頼朝って人が着てる服、

どこで、どうやって、誰が作ってたんだろう。

手数料いくらもらってたんかいな?

原材料はなんやろう?

 

ところで、源頼朝って、朝何時におきてたんだろう。

 

子孫いる?

いたら、どんな生活してんのかいな?

顔、似てるかな?

 

ひたすら空想していました。

 

 

 

毎日空き地で遊び、

本は全く読まない、

私のような野生児も学校に来てるんだよ

ということを学校の先生が分かってくれて、

親切にこんなことをしゃべっていてくれたら、

歴史大好きになってたかもなあ。

 

「歴史は、

むか~しのことを、

その時代にいったこともないおじちゃんたちが、

色々な資料を調べて、あーでもない、こーでもないと考えて

もしかしたら、こうなんじゃないかって作った、いわば、

ものがたり、と思ったらいいんだよ。

 

これ、ウソかもしれない!って、自分が思ったら、

それは本とか資料とかで、自分で調べられるんだよ。

 

人物名、年号と、色々覚えなくちゃいけないことは多いんだけど、

 

まあ、歴史家のおじちゃんたちががんばって作った最新情報を

1番簡単にしたのが教科書だから、これを基本に、

あとは自分が思う歴史を、本や資料を見て、作っていって、

いっこうにかまわないよ。

 

歴史家のおじちゃんたちは、みんなそうやって、自分が考える歴史説をもってるからね」と。

 

「歴史家は、歴史家の数だけある。」と。

 

 

さて、

 

今、小5の娘は、

「歴史ってさ、でも、誰も見たことないよね。本当のことなのかなあ。勉強しても、意味なくない?」

 

おーっと!

私と同じことを言ってるではないかー!

ヤバイ!

勉強しなくなるかもぉぉ!

 

と思ったけれど、

 

いやいや、小学生だった頃の私と同じじゃないから^^;!

 

なんたって、娘の読書量は並じゃないし、

本を読む習慣がついているので、

 本を読ませれば、大丈夫だと思いまーす。

 

それに、歴史のマンガ本、沢山あるし、それを読んでもらって終了~。

ちなみに、一冊ずつ買うと割高なので、セットで買うのが良いようです。

 

角川の歴史人物、みなさん、美男子。「ちゃお」にでてきそうな美男子。女子はまりそうですね。

 

 集英社のセット↓。

 

 おなじみ、小学館↓。

学習まんが少年少女 日本の歴史 最新24巻セット

学習まんが少年少女 日本の歴史 最新24巻セット

 

 

 そ・れ・で、

 

やっとでてきます、本日紹介します本。

もちろん絶版!1993年出版。図書館で借りるか、中古買うかしかないですね。

日本史たのしく学ぶ法 (おもしろ日本史入門)

日本史たのしく学ぶ法 (おもしろ日本史入門)

 

 

 すごいと思ったことその①

文は、短く書こうとすればするほど、難しいですよね。

この本は、日本史の、古代、中世、近世、近代から現代、の各時代を、たった3ページから5ページで(子供用だからふりがなある、大きな字です^^)、おおまかに説明しています。

 

それがまた分かりやすいです。お見事!よくまとめてきた!私でも理解できる!と思って、誰が文を書いたのだろう、と見たら、

 

板倉聖宣という理学博士でいらっしゃいました。ウィキペディにも載っていらっしゃいました。

 

その②

指のはばでつくる「略年表」のつくりかたが書いてあります。

自分で歴史年表がかけるようになります。

指のはばでつくる年表は、高村紀久男さんという、高校の先生が考案されたものです。

お聞きになったことは、ありますか~?

 

検索してもでてこなかった…。

 

ので、この本で読んでご覧になってください。

 

ずっと前から、自分用の歴史年表を作りたいと思っていたので、

 

これを参考にして、地道に作っていくつもりです。

 

できたら、ブログに載せたいと思っていますが、いつになることか…。

 

これ、うん十年前にやってれば良かったのにな!