プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【子育て】任天堂スイッチのマリオパーティとすみっコパークへようこそを購入。小学生が、ゲーム中毒にならないための方法。

我が家も、いまさらながら、任天堂スイッチと、ゲームのソフトを購入しました。

 

スーパー マリオパーティ - Switch

スーパー マリオパーティ - Switch

 

 

昨日3人で、大盛り上がりで、近所迷惑間違いなしです。

 

ゲームのことを書こうと思っても、野生児の私にはチンプンカンプン。

ですので、初めてゲームに触る人が書いた文として読んで下さい。

 

それで、マリオパーティには、

 

 メインのゲームのほかに、

ミニゲームという、短時間でできるゲームが、100種類くらい?入ってましたかね。

 

例えば、

 

ビンから飴玉落とす、とか、

フライパンでサイコロステーキの全面を焼く、

釣り、

お姫様同士の殴り合い^^;(これが一番ウケマシタ)

など、実にリアル

 

私は力が入りすぎ、1日で、ゲームの何あれ?ハンドルっていうんですか?持ってる機械?、を壊しそうでした。あの丸い部分を、上下左右に動かすときの力で、すぐ壊しそうで怖い。。。

 

それにしても、マリオパーティという名前だけれど、まだマリオは出てこなかった気がします。

 

全種類のゲームをやってみる、だけで、

何時間かかるのか分からないくらい、色々ある。

 

これで土日は

 

バス代電車代を出してでかけ、

外食したり、

要らないもの買ってしまったり、

混雑しているところにいって、

インフルエンザや変なウィルスをもらってくる、

ということがなくなりますね!

 

しかも、子どもは運動不足にもならないし、ピアノもガンガン練習するし、一石五鳥くらいです。

 

 

 これは↑、動きがまったりしていて、夫と娘は楽しんでいたようですが、私は途中、眠くなりました。

一人でもできるらしく、娘は、このゲームで「買い物ごっこ(?)」をしているらしいです。

 

 

さて、ゲームは依存症になりやすいですね。

 

脳の三分の一は、視覚野といって、見たものの情報を処理します。

ですので、映像というのは脳に影響が大きいです。

(オウムも洗脳に映像を使いました。)

 

子どもに楽しんでもらいと思う一方で、

時間制限大事ですね。

 

我が家では、ゲーム漬けを回避すべく、

こういうルールを設けました。夫の提案です。

 

ゲーム時間に制限を設けるだけでなく、

子どもにゲーム時間をまず、獲得させます

 

運動(なわとび)か、

ピアノの練習、

 

をまず最初にする。(最初に宿題終わらせる、は当然。)

 

その1.5倍~、2倍の時間が、

ゲームをやってよい時間になります。

 

なわとび10分やったら、20分のゲーム時間獲得!

ピアノ20分やったら、30分のゲーム時間獲得!

 

デフォルトで、1日15分のゲーム時間は、与えられています。

 

きちんと記録もします。

 

これがまた、ゲームみたいで、子ども本人が気に入っちゃって、

 

嬉々として、ぴょんぴょん、なわとび、

ランラン、ピアノの練習

 

やりなさい!と言わなくても、するようになり、

親も子もハッピー。

 

特に、うちの子は、運動系の習い事をしていないのと、外遊びをしないので、運動不足が心配でした。これで、いまのところ、かなり有酸素運動できますね^0^。

 

スギ花粉のアレルギーもあるので、ちょっと反応が心配ですが、今のところ、滝のように流れるあの透明鼻水は、でていないようで、大分よくなったかなと思います。

 

 週末は、1日のゲーム時間の上限は3時間ずつ。

(ゲームをやってみたけど、やはりそんなに面白いと思えない私には、信じられない時間数です!!@0@;)

 

幼稚園生なのに、すでにゲームのしすぎで、視力回復のため眼科に通っているお子さんがいると聞き、

 

本当にかわいそうだなと思います。

 

うちの子どもは、そこまでではありませんが、テレビは1メートルあたりからしか全然字が見えず、今年か来年あたり、めがねをつくるかもしれません。

 

ゲーム週末上限各日3時間って、大丈夫かー?