プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【便利なもの】リコーダーの練習は、音を小さくしてくれるdim.dim.という消音機をつけましょう。(体験談あり)

 こちらが、リコーダーの練習音を小さくしてくれる消音機です↓。

 

 

 

これをお読みの方で、ご自宅でリコーダーを吹いている方がもしいたら…

 

すぐに消音対策したほうが良いと思います。

 

近所からクレームがまだ来てないから大丈夫なんて、思ったらそれは違います。

 

かなり、ご近所は、我慢してます。きっと。そして我慢の限界に爆発しちゃうかもしれません。

 

実は、

 

我が家の下の階の住人が入れ替わったとたん、毎日、リコーダーの音が、1時間以上聴こえてくるようになりました。

 

たかが、「ふえ」なんて思いますか?

 

いいえ、とんでもござんせん!!

 

物っ凄い、うるさいんです!!苦痛極まりない。

 

うわ!下の階のおばちゃん、リコーダーの練習始めた!家族みんな、ゲンナリしはじめます。

 

リコーダーの音は、大音量ではないのですが、こちら側がヘッドフォンをつけて音楽をきいても、すべてを突き抜けて、リコーダーの音は、耳に到達してくるんですよ。

 

ピーピピピー!!!

 

しかも、マンションの下のエントランスや、となりのマンションの駐車場や、道を挟んで向かい側の住宅にも、リコーダーの音は、すべてを突き抜けて、色んなところに聞こえています。

 

ピーピピピー!!!

 

子どもが宿題をし始めると、

 

ピーピピピー!!!

 

ママー、リコーダーがうるさくて苦しいよぉ!宿題するのもつらい。

 

夫が休日、コーヒーを飲んで、どれ、自分の時間を楽しもうとした矢先、

 

ピーピピピー!!!

 

風邪で寝込んでいるときも

 

ピーピピピー!!!

 

 

こらぁ!うるさーい!

 

 

 

最初から個人でクレーム入れるのはちょっと嫌で、管理会社にまず相談しました。

 

しかし、管理会社が張ってくれた「楽器演奏禁止の張り紙」をしても、無視。

 

下のおばちゃんは、入居したときのあいさつもしない、エレベーターであってもあいさつもしない人。

 

2回張り紙を貼りましたが、暖簾に腕押し。

 

管理会社の担当の人にも、「もう、個人で対応してください…」とさじを投げられました。

 

 

 

ほぉぉおお…。やってやろうじゃねえか(メラメラメラ)

 

すぐに下の階に行きました。ダダダッ!!

 

「ピンポーン!」

 

「ハイ、〇〇ですが…。」

 

「あの、近所の者なんですが、」

 

「…。ブチッ!」

 

インターフォン切りやがった…!!

 

 ほぉぉおお。話し合い拒否か。いい度胸じゃねえか…。

 

話し合い拒否なら、書面だ!絶対にやめさせる!

 

そして、色々調べ、文面を何度も書き直し、このような↓チラシを作って、メールボックスに入れました。

 

一枚目

 

お願い

 

人違いでしたら、失礼します。

 

リコーダーの音がうるさいです!

 

消音モード以外での練習は今すぐやめてください。

 

ご存知ないかもしれませんが、

 

リコーダーの音の騒音レベルは、90デシベルで、その大きさは、

 

・犬の鳴き声(5m)
・騒々しい工場の中
・カラオケ(店内中央)
・ブルドーザー(5m)

 

と同じレベルであり、

 

①うるささの目安としては、4段階のうちの「一番うるさい段階」であり、

 

②騒音が及ぼす身体/生活への影響としては、8段階のうちの7段階で、「うるさくて我慢できない」レベルです。

 

 

 

二枚目

 

二枚目は、添付資料です。「騒音値の基準と目安」という、こちらの資料をお借りし、添付しました↓。

 https://www.skklab.com/standard_value

 

三枚目

 

ご存知ないかもしれませんが、リコーダーの音を小さくしてくれる消音機、dim.dim. というのがあるので、それを使用してください。

 

ここら辺で一番近い楽器店は、〇〇楽器で、〇〇駅の〇〇ビルの中に入っています。

 

電話番号は、×××ー×××です。

 

電話して確認したところ、電話すれば、2,3日でお店に取り寄せられます。

 

ここまで書いて、こちらの資料をお借りし、添付しました↓。

kotorigakki.com

 

そして、三枚目の最後に、

 

音を出しての練習がやまない場合は、当マンションの管理組合、及び、自治体に相談します。以上

 

 

という、数枚に及ぶ、苦情の手紙を、メールボックスに投函。

 

 

 

このくらい、親切に店の電話番号つけて、問い合わせもすんでいて、

 

あとは、この店に電話して、注文すりゃあ、お互い解決なんだよ、それをしないという選択肢は、ありえねーだろ?という気力で作りました。

 

 

 

結果…、

 

 

一度も、リコーダーの音に苦しまず、元の普通の暮らしにもどることができ、家族みんなで、「はあ~、リコーダーの音がしなくなって、本当に嬉しいね。」と言っています。普通の生活が、とても幸福なものに思われます。

 

体験した人間でなければ、この苦しみは、分からないでしょうね。

 

もし、近所のリコーダーの音に苦しまれている方がいらっしゃったら、このdim.dim.を紹介されると良いかと思います。

 

このクレーム文面↑も、もし必要であれば、相手に合わせて、直しをいれていただいて、どうぞ使ってください。

 

それと、お子さんとか、ご自分がリコーダーをご自宅で練習されてるのなら、ご自分のために、dim.dim.で消音で練習してください。

 

長々と読んでいただきありがとうございましたm(ーー)m。

 

(アマゾンご利用の方は、こちらから↓詳細ご覧になれます。)

 

 

 

 

最後に、別ブログ紹介です♪

英語教育、特に、バイリンガル教育にご興味のあるかた必見!

こちら(↓)も覗いてみてください。

bluedaisyday.hatenablog.com