プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【絵本】「あめふり」の読み聞かせを小学校でしてきました。

 私は5年間ほど、小学校で読み聞かせのボランティアをしています。

 

先日は小学校3年生のクラスにいって、こちらの↓「あめふり」という本の読み聞かせをしてきました。

あめふり―ばばばあちゃんのおはなし (こどものとも傑作集)

あめふり―ばばばあちゃんのおはなし (こどものとも傑作集)

 

(アマゾンご利用の方は、こちらから詳細確認や、ご購入ができます↑。)

 

 音読しても10分以内におわります。

 

簡単なストーリーです。

 

ばばばあちゃんは、あめが降り続けるので、いやになって、あることをしはじめます。

 

それは、暖炉に、いらなくなったものをぼんぼんつっこんで、

 

火をたき続けることです。

 

そのうちすごい煙が空一面に広がると(3年生ここでおおはしゃぎ)、

 

雲の上にいたかみなりおにたちが、くしゃみをし、

 

かみなりおに達が立っていた雲も、くしゃみをし、

 

その雲がちぎれて、かみなりおにたちが、地上に落ちてきてしまいました。

 

この場面は、本を縦にして絵が描かれているので、本を90度、回して子ども達に見せます。

 

沢山のかみなりおにたちをみて、「あ、赤ちゃんもいる!」と子ども達はかみなりおにの赤ちゃんを発見しました。よく見つけるなあ~。

 

ちぎれた雲も地上に落ちてきて、かみなりおにたちが、雲をせんたくして、ほしているところで、おしまいです。

 

3年生だと、まだ反応があって、読みがいがありますねー。

 

読み始める前、廊下でまっていると、「誰のお母さん?」とか、「今日、絵本を読んでくれる人?」と、何人も、つぶらな瞳できいてくるので、かわいくてしょうがない。

 

さて、

 

さとうわきこさんと言えば、こちらの絵本は有名ですね↓。

1982年出版なんて、だいぶ昔ですねー!

せんたくかあちゃん (こどものとも傑作集)

せんたくかあちゃん (こどものとも傑作集)

 

(アマゾンご利用の方は、こちらから詳細確認や、ご購入ができます↑。)

 

 これは、たしか、小学1年生のクラスに読み聞かせをしました。

 

これは、10分で読み終わるのが、大変だった記憶があります。

 

この本のなかでは、かみなりおにの顔の目鼻がなくたったり、

 

そのあと子供達が目鼻を書いてやったりした場面で、

 

子供たちは笑っていました。

 

こちらは、2006年出版の、せんたくかあちゃんの2冊目。1冊目出版から24年後!

くもりのちはれ せんたくかあちゃん (こどものとも絵本)

くもりのちはれ せんたくかあちゃん (こどものとも絵本)

 

 (アマゾンご利用の方は、こちらから詳細確認や、ご購入ができます↑。)

 

さて、外国の絵本には、「あめのひ」という、ちょっと不思議な感覚の絵本があります。

あめのひ (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)

あめのひ (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)

 

 (アマゾンご利用の方は、こちらから詳細確認や、ご購入ができます↑。)

 

色調が暗いので、個人的には、ちょっと不気味?な印象を受けますが、

 

ストーリー性が、起承転結というよりは、1場面1場面が独立しているようなところもあり、個性的な絵本だと思います。

 

このページの次に、いきなりこういう場面になる?とちょっとびっくりするところもあり、

 

固定観念抜きにして、作者の感覚に沿って作ったのかしら、と想像してしまう絵本です。

 

 

作家のユリー・シュルヴィッツさんは、この「あめのひ」を書いた年に、『空とぶ船と世界一のばか』(↓)でコルデコット賞を受賞されています。

空とぶ船と世界一のばか―ロシアのむかしばなし (大型絵本)

空とぶ船と世界一のばか―ロシアのむかしばなし (大型絵本)

 

 

昔読んでみましたが、あまり私の印象には残りませんでした…。

 

「あめのひ」の、あの単調な色彩のほうが、強く印象に残ります。

 

 

 

教室で大きな声を出せるので、読み聞かせは、私にとってのカラオケ

 

バンドで歌ったり、演劇部で演じたりする機会が今はないので、

 

読み聞かせでライブ感を楽しんでいます。

 

 

 

将来AIが、かなりの仕事を人間から奪うでしょうけど、

 

子ども達への読み聞かせはずっと続くと思っています。

 

なぜならば、

 

将来、AI、ロボット、スイッチ、に囲まれて生きるからこそ、

 

 

自分達の人間らしさを確認したくて

 

人間によるライブ活動は活発になると思うからです。

(君達!呼吸してるよねぇ?エネルギー源は、電気じゃないよねぇ?俺たち、人間だものぉおお!イエーイ!)

 

 

子ども達への読み聞かせは、

 

人格をもった人間が、

 

声帯という器官を使って出す生ので、

 

人格を持った子ども達に、

 

お話を読み聞かせるというライブですから。

 

AIさんたちには、そこは譲れないですねー。