プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【子育て】公立小学校のエアコン。教室にはあるが、家庭科室、図工室、理科室、などにはついていない現実。日本は貧乏なのか!?

基本的に、地球は長いスパンで見ると、温暖化はしておらず、寒冷化しています。

 

学校の先生でも、知らない人が多いと思います。

 

NASAは、今までの地球の温度を観測するコンピューターがバグってました、だからデータも間違ってました、と発表したのですが、多分、知ってる人は少ないし、都合が悪くなる人たちに、もみ消されるのでしょう。

 

温暖化は、利権のためのでっち上げなんです。温暖化ビジネスなんです。

 

その話は長くなるので、次回に譲ることにして、、、

 

 

昨日、ものすごい暑かった。

 

娘の学校では、5,6時間目は図工でした。

 

でも図工室には、エアコンが、、、、ありません。

 

授業中、何人もの子ども達が、「頭が痛い。」「めまいがする。」と言っていたそうです。

 

幸い、家の娘は大丈夫だったようですが。

 

教室の中で一番しゃべるのは、もちろん、先生。

 

先生もキツイですね…。

 

私はいいました。「ママがお金持ちのエアコン店の店長だったら、エアコンくらいすべての教室につけてあげられるのにねー。」

 

そしたら、娘は言いました。

 

「それは違うよ、ママ。エアコンつけるのは、国の仕事国が悪い。」

 

あっぱれ、我が娘よ。

 

 

 

各地の教育委員会から文科省へ、冷房設置の是非についての問い合わせが増えているらしい。

 

文科省が、小中学校の教室の望ましい温度の基準を、これまでの30度以下から、28度以下に引き下げたから。

 

っていうか、順番、逆じゃないかしら。

 

エアコンないのに、どうやって、教室の温度を下げろって?

 

 

大学時代の先輩が、スクールカウンセラーを経て、大学で教えていますが、スクールカウンセラー時代、「学校の人件費は、もっと必要なのに、ずっと削られていく一方だ。」

 

と嘆いていました。

 

 

日本は、子どものためにお金を使わない国なんですよ。(何かの本でも読みました。タイトル忘れました。)

 

 

そうすると、じゃあ、子ども達のために保護者はなにができるか考えましょう!

 

そうだ!PTAでお金だしましょう!

 

っていう人がいるけど、

 

実際に、PTAでお金出し合って学校のエアコンを買ったところもあるようなんですが、

 

あたしは、どうかなと思う。

 

 

 

 

子ども達に何ができるか?

 

あたしだったら、子ども達に、こう教えるね。

 

 

 

「小学校にエアコン設置をすぐできないほど、この国を運営してる大人は、実は、頭悪いの。よーく考えれば、分かることなのにね。

 

そういう大人たちは、

 

いつか誰かがやるだろうなーとか、

もっと死人がでたらやろうかなーとか、

デモ隊が発砲とかしてこないから、やらなくていいのかなーとか、

お金ないしー、時間かかるしー、とか、しかいえない大人たちなのよ。

 

だから、今のあなたたちのような賢い小学生たちが、うんと勉強して、国を運営する人になって、

 

いい国を作っていってね。」と。

 

 

かわいいから、若いからと言って侮る無かれ。

 

小学生は真実を、大人より見ている。

 

おかしいことは、おかしいと声を上げられる。

 

子ども達よ。

 

国のすることを、すべて疑え。

だまされるな。

 

(地球は温暖化していない。理科の先生に聞いてみなさい。もし、知らなかったら、先生は勉強不足。仕方が無いから、自分で勉強しましょう。本を読みましょう。)