プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【子育て】その①登校班の朝の旗振りボランティアをしてみて分かった自転車マナーの悪さ。安心して歩ける通学路が欲しい。

皆さんのお子さんが登校する通学路は安全ですか?

 

我が子が通う小学校までの通学路には、基本的に歩道がありません・・・。

 

保護者による朝の旗振り活動の回数も少なくて、

 

私は一年に度だけの担当になり、先日、かなり久しぶりに交通安全の黄色い旗を持ってベストを着て、 登校班が渡る十字路に立ってみて、 愕然としました。

 

それは自転車マナーの悪さです。

 

登校班が横断しているにもかかわらず、子どもと子どもの間に少し隙間があると、その隙間を狙って、列に突っ込んできて 通り抜けていくのです!!!

 

は?!

 

ありえねえ・・・。

 

子供たちが横断してるんだけど?あなたたちには、見えてないの?

 

スピードを出して突っ込んでくる自転車が多いため、登校班をストップせさていましたが、

 

登校班をストップさせていると、いつまでたっても自転車が絶えません。

 

そこで、黄色い旗を上げて登校班を通そうとすると

 

自転車に乗っている人たちはすごい迷惑そうな顔して止まります。

 

「あんだよ、俺たちの道路なんだけど?」と言わんばかり。

 

ですので、かなり嫌味っぽく

 

「申し訳ございませーん!!!止まっていただいてありがとうございましたぁ!交通安全にご協力いただきありがとうございました!」

とでかい声で言ってやりました。

 

その日、 一緒に旗振り当番をしたお母さんと

 

「保護者が立っていてもこのマナーの悪さだから、保護者が立っていない時はきっともっと乱暴な運転をしているに違いない。」ということで意見が一致。

 

次の日から、自主的に一週間2人で旗も持たずベストも着ないで、十字路に立ってみることにしました。

 

 

今日はその2日目でした。

 

今日はたまたま教頭先生も十字路に立っていました。

 

教頭先生もここが危ないと認識していらっしゃいます。

 

今日は、さすがに学校関係者と一目見て分かるような教頭先生が立っていたので、自転車もおとなしい感じでした。

 

でも、狭いうえに登校班が横断している数分間で自転車60台、必ず通る自動車3台がひしめき合う道路ですので、油断なりません。

 

 

いつも思うのですが、登校班の班長に交通安全の判断を任せるというのは ちょっと荷が重すぎませんか?

 

ご自身のお子さんが班長さんであるお母さんも、そう言っていました。

 

だからといって、毎日誰かが十字路に立って旗振りするというのもなかなか難しそう。

 

 

そこで!

 

PTAのある手段を使って、警察にその十字路に立ってもらうように、これから交渉するつもりでいます。

 

私はPTA本部の人間ではないのですが、以前、登校班関係の役員をしたことがきっかけで、色々と改革した経験があります。

bluedaisyday.hatenadiary.jp

 

来年我が子は中学になるので、最後にまた一仕事してから、私もPTAを卒業したいと思っています。

 

いろんな記事を書いていますが、(→カテゴリーご参照ください。)

 

この続きは、ブログで報告したいと思っています。

 

お互い、子供が安全に登校でき、そして保護者も安心して学校に送り出せるようになるといいですね。

 

こんな記事も書いています。過去記事2つ載せました。よかったら覗いてみてください♪。

bluedaisyday.hatenadiary.jp

bluedaisyday.hatenadiary.jp