プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【美味しいもの】紅玉の季節になりました。りんご煮にすると、さらに色がきれいですね。

紅玉でりんご煮にすると、きれいですよね!

 

うちは、りんご(紅玉)を煮るときは、ワインも、砂糖も、なにもいれません↓。

 

f:id:bluedaisyday:20191004150003j:plain

 

りんご一個分にはたっぷり糖分が入ってますからね!

 

っていうか、りんごに砂糖をいれて煮ると、娘が甘すぎて食べれないのですよー。

 

砂糖とかバターとか入れたらもっとおいしいと思うんだけどなあ。

 

ですので、煮るときは、鍋に入れたりんごの三分の一のを入れるだけ。

(見張ってないとすぐ焦げる!)

 

 

私は、中身より、が好き。、大好き!

 

なんというか、このコリコリした固い食感が、好きですな。

 

 

ところで、「紅の夢(くれないのゆめ)」というきれいな名前の秋田のりんごはご存じですか↓?

 

f:id:bluedaisyday:20191004151206j:plain

 

☆素敵~☆!!!

 

この紅の夢の写真↑は、こちらのページで見つけました↓!

shop.kougyoku-deli.jp

 

紅の夢は、売り切れ...!でも、そのほかの紅玉は買えるみたいです。

 

りんご以外に、リンゴの焼き菓子などもあり、本当に美味しそう!!!

 

こういう焼き菓子が買えるところって、近くにない!

 

自分では、作る気がしない(^^;)!

 

私のお腹の「欲しいものリスト」に入れておこう。

 

アマゾンでも、売っていらっしゃるようです。でも、現時点で値段を見ると、お店から買ったほうが安い?

 

 ちなみに、私のお腹の「欲しいものリスト」には、これもあります↓。

 

あとは、これ↓。

 一回飲んで、一口惚れ。

 

そして、死ぬ前に一度は必ず飲んでみたいのが、これ↓。このコーヒー↓。

(いや、一本1000円くらいだから買ってみればいいじゃん!なんですが、一杯100円に慣れてるから、特別な時に買いたいのよー。そしてその時別な時がなかなかおとずれない。)

 

このコーヒーは、普通のコーヒーじゃないんですよ。

この川島良彰さんが作ったコーヒーですから↓!

私はコーヒーで世界を変えることにした。

私はコーヒーで世界を変えることにした。

 

 

で、この本は↑、川島さんの自伝ですが、とにかくすごい人。

 

ラジオでこの人を知ったんですが、出演したラジオで、この川島さん、スーパーとかに普通に売ってるコーヒー豆の袋を切って、バラバラーっと、豆をラジオのスタジオで出すと、

 

「これも、これも、みな未熟か、不良の豆です。普通のブランドで、こういう豆、いれてるんですよ。だいたいみんな、こういう豆入れてるんです。だから不味いし、雑味がでちゃうんですよ。」

 

って、暴露じゃないですか?これ。

 

暴露する男は勇気があるので、大好き!

 

美味しいもの情報を持ってる人、大尊敬!

 

あるコーヒー会社の社長が惚れて部下にした人物で、並外れています。

 

映画のような人生を送っていて、あっぱれ!!!映画や小説より、はるかに、ずっとずっとおもしろい。

 

こちらのワタクシの別ブログに、読書記録的に書いております↓。同じようなことしか書いてないのですが、良かったら覗いてみてください↓。

川島良彰著 「私はコーヒーで世界を変えることにした。」を読んでみた。こんな桁外れのスケールの日本人がいた! - ヨンデミータ

 

以上です。