プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【美容・健康】日本人二人に一人が癌で死ぬ理由はここにある? 発がん性物質、ベスト5!きっとみんな食べている。

今日スーパーで買ってきた某ハム会社のベーコンにも(発光剤を使ってない,いつものが切れていたため)、以下の1番の発光剤である亜硝酸ナトリウム亜硝酸Na入ってましたー。(そして、食べちゃった...。)

 

発がん性の疑いのあるもの、ベスト5

 

1、硝酸ナトリウム亜硝酸ナトリウム(発光剤)

ソーセージ、ハム、ベーコン、冷凍ピザ、チルドハンバーグ、調理パン、菓子パンなどに入っています。

 

2、亜硫酸ナトリウム

ワインに必ず入っているそうで、スーパーで確認しましたが、亜硫酸ナトリウムが入ってないワインはなかった…。

 

3、ソルビン酸ソルビン酸K(保存剤)

ソーセージ、ハム、ベーコン、魚介類加工品、調理パン、菓子パンに入っている。

亜硫酸と反応して発がん化する可能性が高い。

許可基準が低く、日本人は大量に摂取している。

 

4、タール系色素

食料青色1号、2号、黄色5号、緑3合、赤2号、3合、104号、105号、106号

これらは世界各国で使用禁止だが、日本では普通に使われている

 

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

輸入品の油脂、バター、魚類の加工品に使われている酸化防止剤

1980年代から発がん性のうたがいがあったが、輸入先の欧米からの圧力で、規制がつぶされた。発がん性の疑いあり。

 

他にも、こんなページがありました。こちらは、8種類!!!

news.livedoor.com

 上記のライブドアの記事で紹介されていたのが、この本を書いた渡辺雄二さん↓。

加工食品の危険度調べました (三才ムック vol.546)

加工食品の危険度調べました (三才ムック vol.546)

 

 

私が参考にしたのはこの本。この本に上記5品、書いてありました↓。

マネーカースト 世界経済がもたらす「新・貧富の階級社会」

マネーカースト 世界経済がもたらす「新・貧富の階級社会」

 

 

ところで、日本では、

 

二人に一人が癌で死ぬっていうけれど、他の国で禁止の発がん性を疑われている物質が市場の出回っているせいじゃないのかしら ??

 

うちも夫婦二人でがん保険入ってますが(2人で4000円弱)

解約しようかぁ?と、ずっと前から言ってますが、なかなかその勇気はないですな...^^;。

 

 こんな本も!!!↓。

戦争がつくった現代の食卓-軍と加工食品の知られざる関係

戦争がつくった現代の食卓-軍と加工食品の知られざる関係

 

 

ところで、

 

ベトナム戦争中に枯葉剤まいた会社が、今は、世界中の野菜などの「種」を作る会社になり、おっそろしい除草剤とセットで種を世界中に売っているそうです。

 

その会社の研究所の近くの小学校では、子ども達に、有意に、健康被害がでているという研究報告もあります↓。

 

我々は、その会社などが作る遺伝子組み換え食品しか、食べれなくなる日は、かなり近いようです↓。しかも、その「遺伝子組み換え」表示は、非表示になる可能性大。

タネはどうなる?!~種子法廃止と種苗法運用で

タネはどうなる?!~種子法廃止と種苗法運用で

 

 

日本の「食の安全」って、TPP発効以降、どうなっちゃうんでしょうね。