プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【10連休】幼児・小学生のための英語教材。学童での活動にも、どうですか?あの手でこの手でGW乗り切ろう。

突然ですが、私の別ブログでも紹介しておりますが、移動が多い時期と思いますので、車中などで、ご覧になっててみはいかがでしょうか?!

bluedaisyday.hatenablog.com

 

最近、ボランティアで、近所の施設で英語を教えるようになったのですが、

 

上記で紹介した教材も使っています。

 

英語の授業で使ってる教材

 

①「英会話たいそう」という教材、やっぱり小学生、好きなんですねー。

 これ↓には、96の簡単な英会話表現が、収録されています。

 

英会話たいそう Dansinglish CD

英会話たいそう Dansinglish CD

 

 簡単なあいさつから始まり、「シールください」とか、「トイレにいってもいいですか?」とか子どもが使うことが多い表現もあります。

 

英会話が歌になっていて、歌いながら練習もできるし、

英会話だけでも、収録されています。

 

私は、この英会話の教師用の大きい絵カードを使います。

一枚A4くらいの多きさの絵カードです。

 

絵は、こんな感じ↓。これは、個人用の小さいシート。

 

めくりながら、私の後にリピートして子ども達が大きな声で英語を言います。

小学校低学年のうちのほうが、元気に英語をしゃべりますね!

 

ただ!やっぱり、アクション、というか踊り?をつけると、さらに小学生、ノリノリになるのです。「え~、恥ずかしがらない?」と、半信半疑でしたが(いつもそう)、やっぱり、普通にリピート練習するよりも、かなりハッスルして踊りながら歌いますよ。

 

子どもって、不思議~。

 

高学年になると、他の子を意識するようになり、声に出すのを躊躇しはじめるので、英語を声に出して練習できるのは、小学4年生までかな~(ひそかに自分で練習する場合は、ちゃんとするかもしれないけれど。)

 

で、学校で英語の授業が始まっても、音読練習って、ほとんどしないと思うので、

 

英語は家庭教育がとても大事です。

こちらには、家庭での英語教育について、英語習得について、読みやすくかかれていますので、色々読んだ中でのオススメの2冊です。

 

おまけのCDもついています。娘は、CDと同じように、ある日突然しゃべっていて、驚きました。今まで、「ウソつけ!」と思ってましたが…。

1日たったの90分CDを流すだけ!どんな子でもバイリンガルに育つ魔法のメソッド

1日たったの90分CDを流すだけ!どんな子でもバイリンガルに育つ魔法のメソッド

 

 

 家庭で、どうやって具体的に英語教育をしていくとよいかが書いてあります。

英語で一流を育てる――小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法

英語で一流を育てる――小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法

 

 

②リーディングには、これ↓。小学2年生でもすぐ読めちゃう、というか、聞いて真似できました。

 

Oxford Reading Tree: Stage 1+: First Sentences: Go Away, Floppy

Oxford Reading Tree: Stage 1+: First Sentences: Go Away, Floppy

 

 

③ゲームは、こちらの本に載っている、おはじきじゃんけんというゲーム。

小学生は英語が大好き―72 Activities 1 基礎編

小学生は英語が大好き―72 Activities 1 基礎編

 

あれ、私が持ってるのと表紙が違う…。多分私のは古すぎるのでしょう...。でも、おはじきじゃんけんの解説はあると思います。小学2年生、かなり盛り上がり、「One more time!」の大合唱でした。

 

④あとは、私の手作り教材で、Wと、Lの発音の練習。

 

⑤アルファベットの順番を確認するゲーム。

かなり、話す練習を多くしたので、途中で疲れたご様子だったので、ちょっとだけ書く活動も入れました。

これは、アルファベットをつないでいくと、ある絵ができる、おもしろいアクティビティブックです。

Alphabet Dot-to-dot Grades Pk-k: Gold Star Edition (Homeworkbooks)

Alphabet Dot-to-dot Grades Pk-k: Gold Star Edition (Homeworkbooks)

 

 

外国の教材って、なぜかかわいい。デザインがダサくなくて好きです^^。