プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

スキー場に行くときの、ちょっとしたアドバイス。学生時代、スキー場で、スキーのインストラクターのバイトしました。

でも今のスキー事情、全く知らずに書いてますのであしからず!

 

さて、むか~しの記憶をたどりながら書いてみましたよー^0^;/

 (在庫、ランキング、値段は、この記事更新時のものです!)

 

①手袋

 

手袋って、小さいのに(いや、むしろ小さいから)高いですよねー。でも、ゲレンデ上でいい気分でいるためには、手袋大事!

 

必ず防水防寒防風のもの

 

なぜなら!布系、毛糸系だと、雪が手袋から離れづらく、ずっとくっついてるから、濡れやすい。

 

5本指のもの

 

こういうのじゃなくて↓

 

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

 

 こういう風に指が分かれているものが良い。なぜなら、ミトン型だと、自由がきかないから。

 

(こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

 

ゲレンデ上では、 やれ、帽子がずれたからかぶりなおしたい、やれ、チャックをもっと上にあげたい、と、

 

なんだかんだ細かい作業が発生するかもしれず、

 

その時に、ただでさえ寒くてイライラしているのに、

 

手が自由じゃないと、余計イライラします。

 

私自身、ミトン型の手袋をスキーのときに使ったことはないので、ありえな!って思います。

 

これだと↓、3歳用からありましたよ。 子どものぐずり度も少々下がってくれるかも、、、^^。

 

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

ジュニア用だと、こんなものがありますね。

 

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

出来れば、2つ持っていく

 

スキー場で1時間くらい滑ったら、一回休憩とかするじゃないですか。

 

その休憩中の間に手袋が乾かないと、ほっと一息ついたあとに、ぐしゃぐしゃの手袋を、はめるの、辛くないですか?!

 

私が子供のころは、休憩中に、ガンガン燃えるとっても頼りがいのあるストーブのそばにおいておき、カラッカラに乾いていた記憶があります。

 

いまのスキー場って、どうなってるんだろうーーー?数十年行ってないから分かんなーい!

 

もしかして、私、浦島たろう状態?手袋乾燥機とか、スキー場についてる?もしかして!

 

まとめると、手袋は、

 

防水のもの

五本指のもの

できれば2つもっていく

です。

 

②ゴーグル

 

山の天気は変わりやすいので、晴れていてもゴーグルは帽子の上からつけておきましょう。

 

というか、晴れてたら晴れてたでメチャクチャ眩しいので、サングラス代わりにゴーグルでした!

 

ゴーグルは1つでOK。

 

 眼鏡対応!100%UVカット! 曇り防止!この三つがそろえば、私は満足。

(こちらから詳細確認やご購入ができます↑) 

子供用↓です。

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

 私が高校生の時点でスキー歴13,4年でしたが(でも1シーズンの回数少ないけれど...)、その間、あまりゴーグルのことで困ったことはなかったですねー。

 

手袋ほどは、気を使わなくてOKだと思います。

 

③ウエア

 

結構お手頃なのがありますね。(それ考えると、やはり手袋は割高。でも手袋は大事ですからね!)

 

ウエアは、デザイン重視。だいたい機能なんてのは似通っていると思うので、防風防水であれば、気に入ったものを着て、滑りたいですよね!

 

リフトの上からゲレンデを滑ってる人たちを眺めるときに、やっぱり目が行くのはスキーウエア。あとは、髪が長い人も目立ちますね。

 

こども用でランキング1位のもの↓。

 

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

女の子用っぽい、かわいい系も↓。

 

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

レディースのランキング1位はこちら↓。大人用は1万以上するみたいですね。

 

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

でも、こんな風に↓数色、数種類のデザインがあるので、気に入るのがあるかもです。

 

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

④スキー靴

 

スキー靴は、試着してピッタリくるものを買いましょう。ある程度、靴下で調節できますが、できれば、レンタルの人も、靴だけは、自分に合ったものを持っていくとよいでしょう。

 

サロモンがおススメです↓。

 値段は、、、、ピンキリですねー。ご予算に合わせて選んでください。

大人用↓

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

 子供用↓

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

 大人用のスキー板は、通販はあまりないようで、その代わり、子ども用の4点セットありました。これ、そろってて、ラクチン。

 

こちら、お手頃なお値段↓。

 

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

こちら、2万以上します...

 

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

 

1シーズンに頻繁に行く方は、道具は購入のほうが安いですよね。

毎回レンタルは高すぎる...。

 

⑤ゴムつき金太郎タオル(汗かきな子どもに)

 

最後に、汗の処理に大事な小道具を紹介しましょう。

 

こちらです↓。これを、一番下に着ます。

f:id:bluedaisyday:20191216145830j:plain

(この絵で分かりますかねー^^;)

 

汗をかいた後、これを、外します。

 

外し方は、肩からゴムをひっぱって、タオルを抜き出すだけ。

 

服やスキーウエアも、脱ぐ必要がありません。

 

小学校のスキー部では、皆これをつけて練習にのぞみました。

 

そして、休憩中に自分で引っ張ってはずしました。

 

この時の爽快感ったらありゃしない!小学生のスキーの大会のためにスキー場で練習していて、一番覚えているのが、このときの爽快感!!

 

 

簡単に作れるので是非どうぞ。

 

ここからは思い出話ですので、スルーしてもらって結構です。

 

何十年も前の話ですけど、

 

スキーのインストラクターのバイトをしていた、大学のスキー部で急に欠員が出たので、

 

スキー部ではないけれど、2日間だけインストラクターやってほしいと知り合いを通して言われて、やってきました。

 

中学生の団体の初級?中級?のグループかも、もう忘れたし、何を教えたかも覚えてないですが、

 

唯一覚えているのは、1泊2日だったが、

 

宿泊所に泊まらずに、山の上から、自分のアパートまで、帰宅し、2日間、スキー場に通勤したこと!

 

だって、、、山の男たちは、とにかく飲むし、酔えばうるさいし、

 

いやだなーと思って^^;。(実はそうじゃなかったかもしれないが、とにかくさっさと逃げ帰ったということです)

 

あと、凄い怖かった経験は、

 

ナイターでゲレンデ上で迷い、全くランプがついていない、ナイターではつかわないゲレンデに行ってしまい、

 

しかも、そこは超ド迫力のコブだらけの急斜面。

 

「まじやべーよ」と思いながら、泣きそうになりながら、一人で必死で下ったのを今でも覚えております。

 

ナイターのときに、非ナイターゲレンデに迷い込まないように、くれぐれもご注意ください。

 

あー、スキー行きたい。

 

だからこれで筋トレしてます↓

bluedaisyday.hatenadiary.jp