プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【子育て・小学生おすすめ図書】面白い日本の歴史の本。kindleUnlimited版¥0もあり。歴史が苦手な小学6年生へのおススメ歴史まんが。歴史の総まとめによい。

 歴史の授業は、小学6年生から始まり、縄文時代から現在までを学習するようです。

 

1巻から7巻まであります。

 

今回読んだのは、第5巻で、江戸時代です。

 

歴史まんがって、色々な出版社から出版されていますが、

 

これ↓、すごく面白かったです。

 

書籍版↓。(記事更新時で中古250円から。自分が欲しくて調べた。でも、厚さ3センチくらいなので...、場所をとるなあ。kindle版って便利だけれど、紙じゃないと読みづらい)

 

kindle版↓。

 

 

レキシーという妖精が案内役で、2人の小学生が江戸時代に行きます。

 

大きな流れと人物の心の動きが、シンプルに書かれてありとても分かりやすい!

 

 

豊臣秀吉亡き後、わずか7歳の秀頼とき、

 

「5大老」という5人の有力な大名が政策を決めていて、家康がその一人であったころから話が始まります。

 

 

 

最初の徳川家康の登場シーン

 

家康が薬を調合している場面から始まります。(ゴリゴリ、ゴリゴリ、と家康が薬草か何かをつぶして調合している)

 

家康って、江戸時代に75歳まで生きてすごい長生き!

 

自分で薬を調合できるくらいの知識があったのでしょうね。

 

 

 石田三成と家康のシーン

 

 

石田三成が、家康の屋敷に逃げてきたときに、なぜ石田三成を殺さなかったかというと、

 

「そのほうが豊臣家が分裂しつづけるから都合がいいのかな?」と小学生に突っ込まれたり、

 

関ケ原の戦いのときも、

 

「自分から、三成さんに戦いを仕掛ける「大義名分」がないのでー、三成さんが動きやすいようにわざと大阪をはなれた、とかー?」と小学生に突っ込まれたり、

 

(ちなみに関ケ原の戦いは、たった6時間で終わったとか...)

 

 

 外国ではどんなことがあったか

 

 

ガリレオニュートンの話も、途中で出てきます。

 

 

江戸時代の有名人物について

 

松尾芭蕉は、もとは、武士だったとか、

 

本居宣長は、教科書だと、国学を勉強していたことしか取り上げていないようですが、

 

この漫画では、医師をしながら国学を勉強していました。

 

さらに、本居宣長は「鈴」が好きだったという話も、省かれずに書かれてあったので、人物のキャラを1コマか2コマで表現してくれているのも気に入りました。

 

 

付録

 

こんなまとめテストがついていて、しかも、レベル分けされています。

 f:id:bluedaisyday:20200126063821j:plain

 

それにこのような漢字練習まで!

 f:id:bluedaisyday:20200126063751j:plain

 

図書館では、予約なしだから、すぐ読めそう!

 

第一巻↓

 

 

第二巻↓

 

 

 

第三巻↓。

 

 

第4巻

 

 

第5巻↓

 

 

第6巻↓

 

 

第7巻↓

 

 

ただし!明治維新からに関しては、疑問です。

 

明治時代からは戦争の連続なのには、訳があるようです↓。今の内閣にいる個人名もでているので、実に面白いです↓。

 政治が変わらないのは、実は、今の政治の主要人物って、明治維新時代の家系の人々であり、特定な人間たちだけが儲かる仕組みには変わりがない。

【新装版】明治維新という名の洗脳

【新装版】明治維新という名の洗脳

  • 作者:苫米地 英人
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2017/09/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
明治維新という名の秘密結社

明治維新という名の秘密結社

  • 作者:苫米地 英人
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2018/04/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)