プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【新型コロナウイルス】「新コロナウイルス流行でマスクが品薄。日本からマスクを送って欲しい」中国に住む友人からメールが来たが、、、

 

「大人用と子供用のマスクが品薄なので、日本から送って欲しい。」

 

そのようなメールが、昨日中国に住む友人からきた。

 

さっそくアマゾン検索すると、こんな感じだった↓。

 なんと、60枚入りマスク一箱5万円(この記事更新時)

 

 嫌な予感がして、マスクを買いに行くと、お店には「お一人様2点」までと書いてあった。

 

別の薬局に行ったが、そこでもお一人様2点までと書いてあったがほぼ在庫がなくなっていた。

 

マスクが、買えないじゃないか、、、。

 

 

そこで思い出したのは、3.11。

 

この時、全国で、電池が消えた。買い占めが始まり、私の住む関東ではどこにも1つも売っていない状態になった。

 

以前にも書いたことがあるかもしれませんが、3·11の少し後、静岡に住む友人に電池を送ってくれないかと聞いたところ、

 

その友人が買い物に行ってみると、スーパーにもどこにも電池がないことに、初めて気づき、

 

その友人の親戚が住んでいる広島の人に頼んでくれて、見ず知らずの人だけれども、我が家に、電池を送ってくれた。

 

その数、単三電池ニ本。

 

 

 

今は、マスクがその時の電池と同じ状態になっている。

 

 早くマスクを送ってあげたい。

 

 

 

EMSで郵便局から送って欲しいと友人から指示されていたので、郵便局に行くと、

 

同じように、段ボールにマスクを入れた中国の人たちの列ができていた。自国の家族親戚に送るのだろう。

 

私も入れられるだけのマスク、といっても3箱しか手に入らなかったが、それを箱にいれ局員の人に手渡すと、こう言われた。

 

「日本から中国へ送る荷物が急増していて、

 

日本にたくさん荷物が溜まっており

 

それらをいつ中国に郵送できるか

 

現在のところ全くわからないので、

 

それをご理解の上送ってもよろしいですか」

と。

 

 

また3·11の時を思い出す。

 

 

 

被災地に住む親戚から、3・11の数日後、珍しくメールが来て、

 

「家の中にある食べ物は全て食べ尽くしてしまった。買い物に行っても店には何も食べ物がない。申し訳ないが何か食べ物を送って欲しい」

 

当時は郵便局のバイク便だけがうごけたのでそのバイク便で、缶詰やサツマイモなどを、何回か小分けに食べ物を送った。

 

 

 

私は今、中国にいる友人にマスクを送りたいが、いつ届くかわからない。

 

 

そしてまた友人から次のメールが来た。

 

内容は、

 

「3つあるメールアドレスが全て使えなくなった。」

 

新しいアドレスを作ったのでそれでやりとりをする、と。

 

 

さらに、本日来たメールの内容は、

 

 

 「◯◯省の政府から、

 

9日まで企業活動全面禁止の命令が出て

 

社員は皆自宅待機となった」と。

 

家からもあまり出られず、退屈なようです。