プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

「この商品のカラメル着色は、カラメルⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのうち、何番使ってますか?」と電話で問い合わせてみた件。

まず、最初に、カラメル色素と関係なさそうにみえる、がん保険の話から。

 

 

2人に1人が癌になる日本。

 

「この数字、おかしくね?」

 

って、思うのは私だけ?

 

そんな国、他にどこにもないじゃん!(ないと思う)

 

だから、みんなこぞってアヒルさんのがん保険に入る。

 

でも、あれって、支払いが終身なんですよねーーー(;^_^A。

 

死ぬまでずっと支払わなきゃいけない。

 

癌にならなきゃ、1円も戻らない。

 

 

 

我が家は、

 

夫の死亡保険

夫の医療保険

妻の死亡保険

 

は、すべて夫が退職する60才で、支払い終了!

 

でも、死ぬまで保障されます!

 

しかし、

 

ヒルさんのがん保険(と妻のアヒルさんの医療保険)は、

 

死ぬまで支払いがあります。

 

お金払ってないと、ガン保障されない。

 

 

バカバカしいので、がん保険はこれから解約する予定です。

 

しかも、ガン保険いらないという人もいます👇

gendai.ismedia.jp

 

しかも、ガン治療は儲かるので(一人がん患者が入ると大病院は一千万入るとか)、やらなくてもいい治療をやって、逆に死期をはやめるとかいう話もあります👇

確か、こちらの本にそんなことが書かれていたと記憶しています。

 

絶対に、医者に殺されない47の心得

絶対に、医者に殺されない47の心得

  • 作者:岩田 健太郎
  • 発売日: 2013/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

で、ここからやっとカラメル色素の話になりますが、

 

食品に入れるものに関しては、日本の規制はゆるいらしく、

 

他の国では禁止になってるものも、食品に入れられるそうで、

 

その中には、発がん性の疑いがあるものもあるんだそう。

 

 

 

カラメル色素には、

 

カラメルⅠ、カラメルⅡ、カラメルⅢ、カラメルⅣの4種類があり、

 

ⅢとⅣには、「4-メチルイミダゾール」という発がん性が認められた物質が含まれていることが分かっています。

 

 

 

でも、どのカラメル色素を使用しているかまでは、記載しなくてよいらしく、

 

その食品も、現在料には、「着色料(カラメル)」としか書かれていません。

 

色々知ると、食べるの、怖くなりませんか?

 

 

 

この本の著者👇の渡辺雄二さんは、

口にしてはいけない発がん性添加物

口にしてはいけない発がん性添加物

 

 

別な本で、

 

「だから、カラメル着色料を使ってるものは、できるだけ避けたほうが無難」って書いていらっしゃったのですが、

 

カラメル色素って、あらゆる食品に使われているし、

 

私の好きなものに限って、カラメル色素がつかわれているのよね!

 

 

 

ということで、直接聞いちゃえ!

 

 

 

食品会社に電話をかけて

 

「カラメルⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのうち、何番使ってますか?」ときいてまわりました(;^_^A。

 

まず最初は、大好物のマルハニチロの冷凍チャーハン。

 

「使用しているのは、カラメルⅠです。」との回答いただきました。

 

f:id:bluedaisyday:20200301120338j:plain

 

次に、生協で購入した「北海道産肉じゃがコロッケ」(丸紅食料株式会社)

 

「使用しているのは、カラメルⅠです。」との回答いただきました。

 

 

だいたい、カラメルⅠを使ってるみたいだ。

 

 

 

そして、3件目に懲りずにまた電話で問い合わせ。

 

「coopのソースとんかつ」も

 

やはり、

 

「使用しているのは、カラメルⅠです。」との回答いただきました。

 

 

ということで、

 

この3つの食品には、発がん性の疑いのないカラメルⅠが使われていることが分かりました。

 

なーんだ、安心じゃん!

 

発がん性の疑いのあるカラメルⅢ,Ⅳなんて

 

どっこも使ってないんじゃないかと、思いました。

 

 

しかし、待てよ!

 

 

本当にカラメルⅠを使っているかは、知ることはできない。

 

記載の必要がないですからね。今回の回答は口頭だけだし...。

 

 

だから、、、

 

やっぱり、美味しくても、カラメル色素の入った加工食品はほどほどに!という結論に自分で落ち着いてます。

 

口にしてはいけない発がん性添加物

口にしてはいけない発がん性添加物