プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

今の状況で、学校再開って、無理じゃない?「換気が悪く」「人が密集」してるよ。子どもが新型コロナウイルス感染したら小児医療が次は崩壊するのでは?

皆さんはどう思いますか?

 

イギリスでは、いつ頃学校再開かは未定みたいですね。

 

朝のワールドニュースをみて情報収集していて、詳細未確認ですが。

 

 

アメリカについては、

 

 

こちらのfa004様のブログえを紹介させていただきますがm(__)m、

 

外出自粛延長で、大変なことになっているようですが、教育のIT化が進んでおり、驚きました!

fa004.hatenadiary.com

 

中国も、教育のIT化、進んでいます☟。

 

www.businessinsider.jp

 

中国の友人も言ってます。日本は遅れてる~って。

 

 

こんな状況で学校再開って、ありえないなーと思います。

 

無責任。

 

感染爆発の条件バッチリそろってるでしょ、学校は。

 

休校を延長するといえないのは、

 

①日本の教育のIT化があまりにも遅れているからだと、思う。

 

「学校で、黒板にチョークで先生が書きながら授業し、それを生徒が、聞く。」というスタイルしか、国は提供できていない。

 

民間は、ベネッセとか、スタディサプリとか、オンライン授業やっているのに、

 

国として、やってないのが、すごく不思議...。

 

文科省って、もしかして、国の教育について考えてる人が少ない?

 

ま、悪口いっても始まらないけれど、文科省で、教育課程を学んでいる人材は少ないらしい。

 

どちらかというと、自分たちの天下り先キープのほうが関心があるらしいね、英検協会とか、漢検協会とか、その他もろもろ。。。

 

あ、今はそんな話をしている場合ではないですね(;^_^A

 

教育格差といいながら、なにもしていない(文科省でやってる人もいるのかな?話それますが、英語の入試に関しては、専門家の意見ガン無視で、進めてたんですよ~。だから結局中止になりましたね。)

 

パソコン1台提供して、すぐれた教師の授業を見せれば、格差なんてなくなるんじゃないのかしら。

 

②仕事を休まざるを得ない保護者に救済措置。

 

あるでしょ!国のヘソクリ!埋蔵金が数百兆円。こういう時に使えばいいんじゃないのかしら?

 

 

現在、10代までの子どもの感染は少ないけれど、

 

もし集団で感染したとすると、入院先の病院、確保できるかしら。

 

うちの子どもが小学3年くらいの時に、肺炎になりましたが、

 

小児科で

 

「水が飲める状態だと、入院はさせられない。」

 

「基本的に、ベッドが足りないから、水が飲める状態だったら、家で看病してもらう。」

 

と言われて、あの時は、少なくとも10日くらい、一人で家で、水しか飲めず、咳が酷く、モノが食べれず、ほとんど寝たきりの子どもをずっと看病していて

 

気が狂いそうでした。

 

咳が酷くて何度か病院に行くときも、タクシーで連れていったり、

 

痰を切る医療器具をレンタルして持ち帰り、家で治療したり...。

 

クラスで流行って学級閉鎖になっていて、入院した子もいました。

 

 

小児科って、基本的に少ないですよね?

 

子どもの間で感染がひろまって症状が悪化しないという保証はないのに、

 

学校再開って、本気?って思ってしまいます。

 

 

消毒液もない、マスクもない家庭だってある。

 

学校では、ずっと教師がしゃべり続けるわけです。

 

生徒も、お互い1メートル2メートル離れて授業を受けることも無理です。

 

 

わざわざそんな学校に行く理由はあるのかなって、思います。

 

IT化がすすんでいたら、多分、学校再開はもう少し前から延長していたのではと思います。