プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【夢が勝手にかなう手帳】オリンピック、ワクチン、ダボス会議、新型コロナウイルスの原種、ファイブ・アイズ、、、。付録記事の内容が濃すぎる。2021年度、苫米地英人博士のレア写真あり。

 

これが👇、昨日アマゾンからとどいてめっちゃ嬉しいの💛!(^^)!

 

この人、苫米地英人博士(写真の人👇)

 「将来「○ー○○」を買収するのは、俺(↑)だ!」

f:id:bluedaisyday:20210317085722j:plain

 


 

 

「将来「○ー○○」を買収するのは、俺(↑)だ!」

 

言ったときの、「○ー○○」の時価総額は、確か、77兆円だったかと記憶しております。

 

「○ー○○」を、苫米地英人に買収してもらったら、

 

きっと世の中はもっと平和になるでしょう。

 

 

苫米地英人とは

平たく言うと、、、「天才」、「戦争と差別のない世界を作る」ことをご自分のゴールにしている人、オウム信者を脱洗脳させた人、などなど。この人が首相になれば、いい世の中になるのになあ。

 

この手帳の肩書だと、、、認知科学者、カーネギーメロン大学博士

 

あとは、ありすぎて書ききれないので、今回は省略。

 

2021年度の手帳の特徴

 

①薄くなって、携帯しやすくなった。

今までのが下で、2021年度版が上。厚さは半分以下ですね。

f:id:bluedaisyday:20210317085809j:plain

 

なぜ、極端にこんなに薄くなったかというと、、、、理由は👇。

 

 

②ゴール書き込みは、「週一」だから。

 

 

今までは、1日1ページだったので、365回分。

 

でも、2021年度版は、週一になったので、52回分(+自由に書き込めるゴール設定ページも巻末にあります)

 

だからガクンとページが減りました。

 

苫米地英人博士の写真が12枚

 

200冊以上本を書かれていますが、ご自分の写真はほとんど載せていないです。だから、こういう写真が見れるのは、レアなことですね。

 

写真の説明を少し↓。

 

フェラーリが大好きな苫米地英人博士。

 

多分、一緒に写っている車は、フェラーリでしょう。

 

ヘリコプターと映っている写真もあります。多分、自家用ヘリコプター。確か運転もできるんじゃなかったかしら。いかそうめんが大好きで、わざわざヘリをとばして、島にいかそうめんを食べに行くと、苫米地英人博士のどれかの本に書いてありました。

 

こういうトリビア的なことは覚えているのです(;^_^A

 

和服姿で日本刀を持ってる写真。

 

和服姿で馬に乗っている写真。

 

講演会のときの写真。

 

博士は、なんと、ギタリストでもあるので、ライブでギターを弾いている写真。

(初めてギタリストとしての博士のライブをyoutubeで見た時は、おったまげました。ビシッとまとめたロン毛、ライブでは、そのロン毛をたらしてギター弾きまくりで、、、最初はかなり引きましたΣ(゚д゚lll)ガーンけど、今は博士がつくる音源を聞いていて、毎日ワタシはご機嫌です。)

 

④例が、「多国籍企業を経営する」から、「ダンサーになる」に変わった

 

個人的にこれは嬉しい。毎回、「多国籍企業を経営する」で、ちょっと飽きていましたのです。

 

「ダンサーになる」は、女性男性関係なくイメージできる例、だと思います。

 f:id:bluedaisyday:20210317085837j:plain

 

 

巻末記事に世の中のホントの話満載

 

巻末たった11ページなのに、その内容が濃い。

 

(やばいよ)

 

なぜ、IOCのバッハ会長が、昨年の11月、リモートじゃなくて、わざわざ日本に来たと思いますか?

 

ワクチンの会社数社と日本政府の間を取り持ったであろう人物(アメリカ人、苫米地英人博士の知り合い)が

 

バッハ会長が11月にわざわざ来日した後に、○○死しているのはなぜ?

 

○○○ッ○博士がWHO調査団として武漢の調査に参加しているのはなぜかというと、

 

新型コロナウイルスの原種は、もともとオバマ政権時代の、○○○○博士がね、、、、という話とか。(これについては、別の場で詳しく解説していかれるそうです。YouTubeかな、本かな、どこで教えてくれるのだろう。)

 

皆さん。オバマ大統領は、選挙で選ばれた、なんて、思ってませんよね?!

 

「夢が勝手にかなう」なんて、嘘つけ!

 

と思った方こそ、やってみてはいかがでしょうか。ちなみに「引き寄せ」の法則を作った人たちは、この苫米地英人博士の理論を使っています。