プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【お金・保険・不労所得】変額保険の減額をして、また利ザヤを頂けました。コロナ禍なのにどうして株価上昇なんでしょうか。新婚さんや、これから保険を買いなおす方は、、、。

 

何回か同じようなことを書いたのですが、また書いてます。

 

今回もお世話になっている保険クリニックに電話をして

 

「あのー、変動保険の減額をしたいのですが」と伝え、手続きをして、利ザヤを頂きました。

 

そのとき、そこの保険クリニックの店長と少し話をしたのですが、店長さんは、興奮気味に、

 

「もう、最近は、変動保険金額の減額をして、利ザヤをもらうお客さんが増えていて、中には、100万くらい、臨時ボーナス、みたいにもらってる人いますよ~。」ということでした。

 

うちは、もともとの保険金額が小さいため、そんなすごい金額ではないですけどね(^^;)。

 

この変額保険の生命保険は

 

10年ほど前に、私の生命保険1本を除き、夫と私の保険を総入れ替えたときに、

 

新しく買ったものです。

 

その、総入れ替えした時は、7冊ほど、保険の本や雑誌で勉強・調査しました。

 

勉強しないと、騙されちゃうんだなって、そのとき痛感しました。

 

「これ、要らないだろ!」

 

という保険を沢山買わされていたことが、分かったのです。

 

保険クリニックに、以下のような条件を紙に書いてもっていき、希望に合うものを、買いました。(覚えている項目だけ、、、、)

 

条件

①保険1本につき、1つの用途(保険であり貯蓄、というダブルの用途ではなく)

②夫婦ペアで入らない

③保険料支払いが、60歳で終わり、保険対象期間は、一生のもの、にする

④生命保険は、沢山要らない

 

あと二つくらい書いたのですが、覚えていません、、、。

 

もう10年以上前の事なので、、、。

 

そして、、、あと数年したら、夫は退職になります。

 

振り返ってみると、

 

結婚して、

新居を購入して、

引っ越して、

また仕事探して(私)

お金を貯めて繰り上げ返済をして、

妊娠して、

保険の総入れ替えをして、

出産して、

子育てして

今度は住宅ローンの借り換えをして、

PTAの役員やって

子供会の役員やって、

 

なんだかんだしてるうちに、、、、

 

気づいたら、

 

もう何年かしたら、夫退職ですか?

 

え?ほんとっ?

 

キツネにつままれた感じすらします。

 

 

 

それで、最近立ち読みしていたら、こんな本を見つけたのですが👇

 

あと数年で保険の支払いも終わるので、

 

ま、いいか!

 

もう、今更って感じです。(要するに、見て見ぬふり)

 

これから保険を見直す方とか、新婚さんとかなら、読む価値あると思います。

 

日本人は沢山保険に入る国民のようですが、私も借り換えをしたとは言え、本当に必要だったのか、はなはだ疑問です。でも、借り換えをした時点で力尽きてしまい、今思うと、もっと勉強して、さらに不必要な固定費を削減できたのではと思うと、悔しい。

 

そういう悔しい思いをする人が、少しでも減ればいいなと思います。

 

 

私がよく参考にしている実業家も、本の中で、

 

「国民保険、健康保険、充実してるし、じつは、ガン治療も、高額というのはイメージだけ。全部いらないし、自分は入っていない」と書いています。

 

でも、どうして必要ないのか、

 

まで、突っ込んで細かいことを調べなかったので、アヒルさんの保険と医療保険は、

 

「買わない」選択が、できませんでした。あと数年で支払い終われば、一生医療保険がカバーしてくれるだろう、と思うと、やめれません。

 

もっと若いときに、

「知っておけばよかった!」

ことを、書きました。

 

ちなみに、我が家の保険は、

 

生命保険(この生命保険の運用で利ザヤが出た時、頂いています。今まで支払った保険料の半分はそれで戻ってきているので、まあまあお得な感じはします)

医療保険

ガン保険

 

生命保険(ほとんど現金の貯金と同じ)

医療保険

ガン保険

 

貯蓄として、

学資保険

長割り終身

 

上記保険で、支払いがずっと続くのが、アヒルさんのガン保険

 

そのうち、ガン保険も、また探すか、

 

ガンで死ぬのではなく、ガン治療で死ぬのだという話がほんとうであれば、保険をやめればいいのかな、とも思っています。

 

がん患者よ、近藤誠を疑え

がん患者よ、近藤誠を疑え

 

 

苫米地英人博士も、近藤誠先生の意見に賛同しています。

 

ガン患者1人が抗がん剤治療をすると、病院には1000万円入り、製薬会社が儲かるという闇な図式があるようです。

 

近藤誠先生は、もう亡くなられたので、

「ガン放置による治療」は、もう日本のどこでもできなくなるだろうとも、書いてありました。