プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【アルバイトの思い出】お姫様の着ぐるみを着て、オープンカーに乗り、繁華街をパレード。白い手袋して手をふる。

 

何十年も前の学生時代に、

 

前回👇と同じイベント会社で、またお仕事もらったんですが、

【アルバイトの思い出】着ぐるみ着て、遊園地で働くバイトはキケンがいっぱい。ウサギさんを着たときの体験。 - プティ♡ハピ♡アラカルト

 

そのときは、ウサギやクマの動物は出演せず、

 

お姫様と、あとは、どんな着ぐるみかは忘れてしまいました。

 

 

イベント当日に集合し、その場でオーディション。

 

集まったバイト達がどよ~んと立っていると、

 

きびきびしたお姉さんがツカツカと歩いてきて、

 

「姫役決めるから、お姫様っぽく、座敷の端から端まで歩いて!」というので

 

私がなぜか最前列にいたので、すぐに歩き出しまして、

 

「はい、あんた姫役。準備して。」と言われました。すごいスピード採用!

 

私はダンスを小さい頃習っていたので歩き方は上手だったみたい?顔は「姫」をかぶるから、どうでもよいし。

 

姫役の服は、普通のドレスっぽい服で、頭にかぶったのが、また、あの同じ「顔」。

 

縦長のデカい顔で、金髪の巻き毛で、目が異常にデカくて、口元は笑ってるけど、

 

その表情で固定しているため、

 

ちょっと怖い。

 

特に子供はビビッて泣き出しました(前回の記事にかきました)

 

それで、目のところにノゾキ穴があるので、そこから見て、歩きます。

 

前しか見えないので、多分、非常に小さい視界を頼りに、オープンカーによっこらしょと乗ったか、

 

それとも

 

だれかに連れられて「ハイ、右足あげて、座って、で、次左足車に乗せて。」とか教えてもらって乗ったのか、記憶にはありません。

 

何かのお祭りの中のパレードだったのは覚えています。大通りは歩行者天国になっており、そこをパレードしました。

 

道の両脇には、家族連れが多く、子どもも沢山いたと記憶しています。

 

イベント会社に指示されたように、

 

「歩道にいる人たちを見ながら、天皇陛下みたいに、手をふって、頭を下げたりして、愛想を振りまいて!」

 

言われた通り、オープンカーに乗っている間、ずっと手をふっていました。

 

私の表情は「姫のデカい顔」で見えませんでしたが、

 

結構楽しくて、中では、ニコニコしながら、白い手袋した手を、小刻みにフルフルフルフル~とふって、

 

愛想を振りまいていました。

 

このパレードのバイトは、最初で最後で

 

学生時代の楽しい思い出の一つです。

 

もうこの歳になると、着ぐるみ着て、ちょっと動くだけで、息があがってしまうと思います。「顔」の中は暑いし、息苦しいですからねぇ。

 

若いというだけで、すごい財産なんだと思います。