プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【新型コロナウイルス】ワクチン接種辞退をする人は、知っている。怖いのはコロナじゃなくて、ワクチンのほうだと。

 

やはり出たか、こういう記事が。

 

news.yahoo.co.jp

 

だって、打ったら死んじゃうかもしれないもん。

 

新型コロナウイルスワクチンは、

 

遺伝子組み換えワクチンであって、

 

従来のワクチンとは別物ということを知っている人たちは、

 

接種は、

 

もちろん「No!」と言うでしょう。

 

このリストされた人たち以外は、新型コロナウイルスワクチンがどういうものか、

 

知らないってことでしょう。

 

そっちのほうが恐ろしいことです。

 

今は、新型コロナウイルスがあったかどうかも分からない(同定されてない)のだそうです。

 

明石家さんまさんは、誰かから、それ、聞いたんだろうな。

 

教えてあげたのだと推測しています。

 

あんな面白い人が、いなくなっちゃったら、悲しいもの。

 

この船瀬俊介さんの本、図書館にないんですよ(;^_^A。刺激的すぎるからかしら。

1月に出版されてるから、その前から、誰かが情報をくれるのでしょう。

要するに、遺伝子をブチュっとヒトに注射するから、アブナイワクチンだよ、という話なのだろうか。

 

この近藤誠先生は、お医者さんで、色々本当のことを教えてくれます。きっと、上記の本より、穏やかでしょう。これは、図書館にありましたが、予約がすごくて多分、読めるのは数年後。

 

最近読んだ 近藤誠先生の本では、こんなことが書いてありました。

 

人間が1年間に浴びることのできる放射線の許容量は1ミリシーベルト、しかし、CTで線量が多いものだと、どのくらいになると思いますか?

 

なんと、20ミリシーベルト

 

その放射線は、細胞内のDNAを必ず傷つけ、発がんのリスクを高めることになる、

 

さらに、マンモグラフィーも要注意。乳房内の乳腺は放射線の感受性が強くて発がんリスクが高いのだそうで、

 

ピンクリボン運動で、逆に、40代以下の女性にとっては、乳がん予防どころか、かえって発がんリスクを高めてしまいかねない。

 

だから、すぐに「CTとりましょう」という医者は能力がない、問診で判断する能力のない医者と思え、ということでした。

 

例え批判にさらされても真実を伝えようとする人間は、かっこいいねぇ。

 

 

 それで、あとは、この内海聡という医者も、最初からコロナはウソ!って言ってた人ですが、なんかちょっと個人的に好みではなく、この人の本は読みません。もうすこし受け入れやすい形で発言してくれたら、聞きやすいのですが、、、。

 

で、あとは、この人も有名ですが、うーん、読まなくてもいいかな、と個人的に思います。この人の本には歴史・経済の話もでてきて、歴史・経済の知識のない私は、よく意味が分からないことが多かったのです(-_-;)。

 

 

ホントはもっと楽しいコトについて書きたいけれど、つい、書いてしまいます。

 

 

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」