プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【美味しいもの】昭和のお菓子、「フローレット」。カリッと歯ざわり、シュワシュワっとお口の中で溶けるおいしさ。

 

小さい頃、親が仕事で忙しいときに、私たち兄弟は、祖父母の家に預けられた。

 

祖父母の家では、いくら散らかして遊んでも、全然叱られない。

 

なんていいところなんだ!(^^)!

 

いつもは、私は家で兄弟の世話をしなければならなかった。

 

そして、親が返ってくると、「こんなに散らかして!」と

 

すごい剣幕で怒鳴られる毎日。

 

祖父母の家では、私は、「子ども」になれた。

 

兄弟の面倒を見る必要もなく、しかも、私の面倒をみてくれる祖父母がいる!

 

まさに天国でありました。

 

その祖父母の家にいくと、必ずこのお菓子がでた。

 

白、緑、ピンク、黄色、、、、色を見るだけでも心が高鳴った。

 

カリッかむと、そばにはおばあちゃんがいて、ニコニコしていた。

 

そして、またカリッかむと、

 

「ふっふっふ」と笑うおばあちゃん。

 

兄弟の世話に明け暮れることなく、おやつもでるし、叱られもしない。

 

チラシで作った紙飛行機が散乱していても、

 

ぼーっとしてても、

 

おじいちゃんの畑から、好きな花の花びらを一枚ずつ集めてを摘んできても、

 

ニコニコしてるだけの、おじいちゃんとおばあちゃん。

 

かぎっ子兄弟の長女の私には、天国だった。

 

そう。

 

フローレットには、そういう私の幸せな気持ちがいっぱい詰まってる。

 

 

 

だ・か・ら、、、、、

 

まとめ買いしたれーーー💛!

 

 

でも、この歳になると、この甘さが、

 

結構きついよ、おばあちゃーーーん!

 

だから、2袋だけでも、そうとう長期間持つと思うんだよね、

 

おばあちゃーーーん!

 

 10袋もあるけど、迷っちゃうな―!

 

おばあちゃーーーん!

 

誕生日、私と同じなんだよねー!