プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【社会】少子化のどこが問題?人口問題と逆方向なことをする本当の理由。

 

毎日22万人地球上の人口が増えているから、大変だ、大変だといっているけど、

 

でもやっぱり「少子化対策」大人気。

 

少子化対策」の本当の理由、それは日本のGDPのため

news.yahoo.co.jp

 

だから、「2人目,3人目云々」といったワクチン担当相の話はいやらしく聴こえる。

 

あんたたちのことを考えて、、、、

 

といった口ぶりだが、

 

実はGDPのため。

人口=国力。

だから政治家は人口を増加させたい。

 

今までは人口=国力だった。

 

しかし、

 

こちらの本によると、、、これからは、

 

人口=「コスト」

 

なぜなら、

 

これからモノを作っていくのは、人ではなく、ロボットや人口知能。

 

人の仕事がなくなるので、生活費が賄えなくなる人急増。

 

家計が苦しいので、購買能力が激減し、企業の売り上げも激減。

 

どうやって、十分な生活費を稼げない人たちを守るのか。

 

日本でも、所得分配の動きがある。

 

そして、

 

人口=コストがかかる国は、体力を奪われ、国の実態もなくなっていく。

 

将来のことを考えるために読んでみましたが(100年後、生きてはいないけど)、これから、国という形がどう変わるのか、貧富の差がどうなるのか、何をしていけばいいのか、少し分かりました(^^)

上記の本のKindle版はないのですが、

 

苫米地英人博士の本は、kindleunlimited だと、¥0の本が多いです。

初回30日間、無料体験ができます👇

¥0の苫米地英人博士の本のリストです(私のサブブログより)

bluedaisyday.hateblo.jp