プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【人物】脳性まひの障害をもつ箱石充子さん。ユーモアと不屈の精神の持ち主は、人と社会を変える力で満ちている。

 

現在御年80歳。(2020年12月10日現在)

 

こちらの写真で箱石さんがお召しになっている赤の可愛いカーディガンは、多分、箱石さんご自身の手作りではないかと思います。

www.nhk.or.jp

 

まず驚いたのが、障害があるにもかかわらず、セーターやカーディガンを編んで収入を得ているということ!

 

私も編み物をするので、編み物の資格をとるのが、簡単ではないだろうと理解しています。

 

健常者でも、編み物は、慣れていないとちょっとやると手が疲れるし、編み方の記号が分からないと、もう、やーめた!っていいたくなるし(実際に途中で止まっている物、編み図が理解できないので作りたくても作れない物、あります^^;)

 

そこへ目にした箱石さんの完璧なきれいな編み目、そして、セーター、カーディガン、、、。

 

この人は、一体何者?!

 

私の、箱石さんへの興味は、編み物の「きれいな編み目」がきっかけでした。

 

そして、メルカリで検索をしたら、アマゾンでは高いこの本が、しかも新品同様の本が、400円で売られているではありませんか?!

 

もちろん即購入。(でもリンクはアマゾン^^;)

充子さんの雑記帳

充子さんの雑記帳

Amazon

 

クラウドファンディングで出版されています。

 

あとがきによると、

 

2020年12月10日、コロナ禍で80歳。天国に行ってしまうかもしれない、その前に、大切にしてきた宝物の出版に踏み切ったそうです。

 

箱石さんが大切にしてきたものは、1つや2つではない。

 

この本を読むと宝物があちこちに散りばめられています。

 

色々あるけれど、ランダムにどれが印象に残ったかを正直にいうと、

 

私が、思わず、プッと噴き出した、

 

「ボランティアのナンパのコツ」というタイトル^0^/。

 

この一行で、箱石さんのユーモアあふれるキャラクターが垣間見れます。

 

同時に、

 

壮絶な人生、そしてそれを客観的にとらえている高い視点から生まれるユーモアという武器を感じました。

 

また、感動したのは、充子さんが、視点を変えたところ。

 

自分はひどいいじめをずっと受けてきたけれど、はたして、もし自分が健常者だったら、私は障がい者に対して、どんな態度をとっていただろうか、と。

 

ご本人が散々いじめられ、15歳になるまで毎日泣いていたということなのに、こういうふうに視点を変えることができるというのは、普通はできないのではないだろうか。

 

 

それと、「読者につたえたいこと」

 

の一行目に、

 

「この本を読んでみなさんがどう感じたか、何を考えたかを知りたい」という

 

直球を投げているところ。

 

目の前に、ヌーっと箱石さんが現れて、

 

「あんた、これ読んでどう思った?」と、直接聞かれた感じがします。

 

ここからは想像の会話。

 

充子さん:「で?どう思った?」

 

私:「パッと思ったこといってもいい?」

 

充子さん:「ああ、いいよ。それ聞きたい。」

 

私:「人間、やりたいとおもったら、なんでもできるじゃん!って思った。あとはね、箱石さんを、人間国宝にしたい。それか、箱石さんの映画を誰かに作って欲しい。あの、編み物するシーンは絶対に入れて欲しいし、実際の作品も入れて欲しい。どうやって棒針とかかぎ針とか、持って操作してるか、それ個人的にすごく興味がある。よっぽど色んな工夫をしてらっしゃると思うんですよ。多分、アイディアのおもちゃ箱だと思うんですよね、箱石さんの生き方が。」

 

充子さん:「人間国宝?あたしそーゆーのキライなんだよ。それも差別と違う?こっちが偉くて、みたいな。健常者はこっちで、障がい者はこっち、みたいな。そういうのとっぱらって、みんなで助け合う社会になればいいと思うのよ。だから、〇〇賞とかね、人間国宝だのね、そういうの、要らないと思うよ。」

 

私:「分かりました。でも映画は誰かに作って欲しいな!そうすれば、もっと障害を持っている人たちを理解できると思うんですよね。でもそういう知り合いいないし、、、。あ!でも、7人の知り合いが要れば、最終的に全世界の人と繋がる、という話は何度か聞いたことがあるから、もしかしたら、あの人に連絡をとることから始めたら、もしかしたら、映画製作者まで届くかも!

 

充子さん:「あはは、そうなったら楽しそうだねえ。」

 

以上は、私の勝手な想像上の会話でした。

 

充子さんの雑記帳

充子さんの雑記帳

Amazon