プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

日本〇ァイザー社の社員で、会社、辞めたい、辞職を考えている人もいるかもしれない。

 

「日本のファイザーの社員さんがた、辛くないですか?そこで働いてて。」と、

 

一度聞いてみたい。

 

f:id:bluedaisyday:20211125152413j:plain

 

抗議の意味で、

 

嫌悪感で、

 

日本〇ァイザー社の社員の中には、

 

きっと今すぐにでも辞めたいと思っている人が少なからずいるのではと想像してしまう。

 

そういう人間の心をもった人がいて欲しいという私の希望でもある。

 

だって、ファイザー社員はワクチン打たないもんね。

 

自分達だけ助かればいい。

 

自分の家族に打たせなければいい。

 

「毒ワクチンだなんて、実験台だったなんて、知らなかったんです!」

 

の、知らなかったの一点張りで逃げることもできるし。

 

米国ファイザー社長が「僕は打たない」って、はっきりいってる(動画あり)。

 

米国ファイザー社内でもワクチン接種は奨励されていないし(動画でその書類みたことあり)

 

 

 

会社を辞めたら、しばらくは再就職は難しいかもしれない。

 

履歴書に「〇ァイザー」と書かねばならないから。

 

しかし、

 

履歴書をみた人が、

 

ワクチンはいいもの、としか認識できない思考停止の人であれば、

 

そこへの再就職は大丈夫かもしれない。

 

「おお!あのワクチンを作ってくれた〇ァイザーですか?!」と喜ぶかもしれない。

 

そして、

 

「なぜあなたはそんないい会社を辞めたのですか?」と聞かれるだろう。

 

そしたら、元〇ァイザー社員は、なんと答えるのだろうか。

 

 

 

いや、もしかしたら、

 

毒ワクチンを売るくらいの会社だから、

 

もしかしたら、社員が辞めないように

 

「今やめたら退職金ゼロ」とか、色々脅されているのかもな。

 

社内の雰囲気って、、、、かなり恐ろしそう。

 

先日は、日本ファイザー社の前でデモもあったし。

 

 

それに、親から、「せっかくいい外資系企業にはいったんだから、辞めるなんてもったいない!いずれおさまるわよ、このワクチン騒動も。」とか、

 

言われている人もいるかもな。

 

 

正義感のある人、いい人、もしかしたら、うつ病を発病している可能性も無ではないだろう。

 

 

まあ、自分さえよければいいと思って、働き続けられれば、

 

それでもいいんじゃない?

 

 

ファイザー元社員として、ワクチン打ったらだめ!と動画で言ってる女性がいるけど、

 

もしかしたら(また余計な妄想)、

 

日本のファイザー社が、この女性に託したのかしら。

 

「このワクチンがやばいことを、俺たちは、言えない。君が代わりに言ってくれ。身の安全とマネーは補償する。」といって、放たれた人なのかも、なんて勝手すぎる想像をしている。

 

洗脳されている日本人に、誰が何と言っても、変な人、反ワクチンの変に意識高いけどズレてる人、おかしい人、としか、認識できないので、

 

ファイザー元社員」という水戸黄門の印籠みたいなものがあると、

 

ちょっとは、耳をかすかもね。

 

(ちなみに、米国では、ファイザー元社員の告発や、医療従事者による告発が沢山あります。)

 

 

それに、

 

辞めてもね、

 

しばらく貯金でも生きていけるだろうし、

 

親に助けてもらっても

 

いいんじゃないの?

 

 

最初は、なにがしかの志があって、製薬会社に何も知らずに入社をしたんだろうし。

 

イヤなら辞めてもいいんだよ。(斎藤一人さんの言葉)

 

(だから、別に、辞めなくてもいいか。

 

 

自分でも分からないときの、いい呪文。

 

それは、

 

「心よ!」と、きいてみる。

 

そうすると、ものっすごい答えをかえしてくる。分厚い本ですが、「心よ!」の効果がかいてあるのは、後半です。

 

これから5才以上の子どもにワクチン打ちまくって、副反応が続出した後では、

 

あなたには、何も出来ないんだよね。

 

こどもの、失明などの副作用の人数がこれから増加の一途でしょう。

bluedaisyday.hatenadiary.jp

 

bluedaisyday.hatenadiary.jp

 

bluedaisyday.hatenadiary.jp

 

bluedaisyday.hatenadiary.jp

 

bluedaisyday.hatenadiary.jp