プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

【新・夢が勝手にかなう手帳】この手帳のおかげでワクチンを打たずに済んだ。

 

この手帳には、

 

この手帳には、無意識に働きかけて、勝手に夢がかなうというカラクリと、方法が詳しくかいてあります。

 

それと、付録文章の内容がとんでもなくすごいです。

 

苫米地博士は、学者であると同時に、いくつもの会社を経営する経営者であり、人を1人間に入れば、各国の大統領と会えるレベルの方ですので、

 

普通の人が知り得ない情報を得ることができます。

 

その苫米地博士が!

 

この手帳の付録に、最新の世界の流れを、経済の流れを毎年書いています。(ですのでいつもこの手帳が販売され始めるのが2月とか3月と、ギリギリになります。)

 

さて、今年2021年の3月にこの手帳を入手した私は、すぐに付録の部分を読みました。

 

そしたらこんなところにこんな恐ろしい事実が書いてありました。

 

以下少しだけ引用させていただきます。

 

実は2020年の暮れに、私のアメリカ人の知り合いが謎の死を遂げています。「突然死」として片付けられたようですが、あまりにも不自然な死でした。彼は、日本が契約した3つのワクチン会社(ファイザー、モデル名、アストラゼネカ)の代理人でもありました。彼自身が、日本政府と直接、交渉していた可能性も高いといえます。彼の死は何を意味しているのでしょうか。後は読者のご想像にお任せします。

 

 

読者である私は、すぐに想像しました。

 

「要するに、用が済んだから始末されたってことかい!?」

「めちゃくちゃ恐ろしいワクチンじゃん!」

 

またこのようにも書いてありました。

 

バイデン大統領が首席医療顧問に任命したファウチ博士がオバマ政権時代にウィルス機能獲得研究を武漢ウィルス研究所に迂回して委託していたものが、新型コロナウィルスの原種だというスクープを、Fox Newsが1月末に報じました。これに関わったダウジャック博士はWHO調査団として武漢での調査に参加しています。

 

それと同時に、苫米地博士がMXテレビでも曝露?してました。

www.nicovideo.jp

 

以上、苫米地博士からの2つの情報より、

 

ワクチンは非常にやばいシロモノであると理解し、絶対に打たないと決めました。

 

それからワクチンについて色々調べまくり、現在も調べています。

 

が!人名が沢山でてきて、、、、つまり関わっている人間が沢山いて、しかもその人間が政府の中にいるということなどがどんどん分かってくるにつれ、

 

もう、やになっちゃう!

 

親や周りの人に説明しても、

 

「は?」って感じで、全く疑問を持たないので、ブログに書くことにしています。

 

日本でもデモがありましたが、デモは、あまり効果ないかも、なんて思ってしまいます。

 

日本だと、デモする人達の事を、「意識高い系の、ちょっと変わった人達」っていう目で、見がちじゃないかしら。