プティ♡ハピ♡アラカルト

ブログ学習中。楽しい、かわいい、面白い!とんでもない、へえ、そうなんだ。私の人生アラカルト。

接種者からのシェディング被害を体験してしまった。体験したことのない体の違和感、倦怠感、身体が言うことをきかない。

 

家人が、ついにシェディング被害を受けてしまった。

 

いつもは在宅だが、火曜日に出勤して、かなり同僚と長い間打ち合わせをしたらしい。

 

相手は若い男性社員。接種済みで不織布マスク。彼と話し始めてしばらくすると、

 

咳がではじめ、ずっと止まらず、何時間もゴホゴホしながらの打ち合わせになった。

 

夕方、身体がゆうことをきかない感じになり、ものすごい倦怠感に襲われる。

 

帰宅後、とてもダルそうだった。

 

そして次の日の朝(昨日)、顔色もあまりよくない。

 

「熱はでないのに、倦怠感がすごすぎて、身体もすごい違和感で、なにもできそうにない。こういうのは生まれて初めてだ」という。

 

もうなにも出来ない状態で、在宅ワークすらできず家でお休み。

 

そして次の次の日(本日)も、とてもじゃないが、家人は、仕事ができそうにないから休みたかったが、仕事で大きなトラブルありで、結局午前中だけ在宅ワーク、午後は午後休をとる。

 

そして、午後はひたすらボーっとしていて、夜は、6時ころ就寝。

 

実は、私もジムのトレーナーと1時間以上会話をしたその日から、

 

今まで体験したことのない、身体の倦怠感が出始め、3日間、ほぼ寝て過ごしたことがある。そのときも、熱は全くでなかった。

 

あの倦怠感は、なんというか、なんだろう、身体が金縛りにあっているというか、

 

疲れた、のレベルではなくて、なんかこう、身体がとにかく、おかしい!

 

それ以来、人と長い間会話をすることを極力避けているから、もう、そういったシェディング被害であろうと思われる症状はでないが、、、、

 

そうだ!思い出した。その前に、一度、さらに酷いシェディング被害を、田舎の両親からうけた。

 

実家で、接種を何度もしている両親と一緒にご飯を食べ、風呂に入り、布団に入ると、、、、なんだか、身体がおかしい。

 

これも、体験したことのない、何か、硬いものに締め付けられているような、それはもう酷い頭痛、、、、! 頭を抱えて布団の中で、ううーっとうなり声をあげ、苦しんだ。まさかこんな頭痛に見舞われるとは思っていなかったので、アセトアミノフェンはもっておらず(これ👇)

 

 

とりあえず、用心にもっていった「ばんらんこん」を夜中に飲んだ。朝も、昼も飲んだ。

 

朝には、大分頭痛は引いたが、あれは、耐えがたい苦痛の体験だった。

 

次回から、実家にいったら、どのようにシェディング被害を受けないようにするか、あらかじめ考えないと、またひどい目に合いそうだ。

 

ご飯も別々にして、ホテルに泊まるか(;^_^A? 

 

前回泊まったときは、たしか、実家が忙しくて、そうしたんだっけ。その時は平気だった。

 

家人の体調が心配だ。明日は起きれるのかな。

 

この本を注文した。早く読みたい。でもメルカリに沢山出てるから、読んですぐ売られるぐらいの内容なのかな、、、(;^_^A?

この高橋徳っていう医師は、どんな人なんだろう。